経営コンサルティングの導入は、プロのコンサルティング・エージェント(代理人)にお任せ下さい。

短期で成果を求めるなら


こんにちは!こばやしです。

中旬までは残暑が厳しかったですが、一気に秋らしくなりましたね!


さて、今回は「コンサルティングの成果が出るまでの期間」という、
依頼主ならかなり気になるテーマについて書いてみます。


 

■コンサルタントに頼むとき

コンサルタントを探すタイミングの多くは「今、困っている」状態
でしょう。中には先行投資というか、ある程度余裕を持ったタイミ
ングでご依頼いただくことも極まれにありますが、中小零細企業で
はほぼ皆無です。

なので、「どれだけ早く解決してくれるのか?」がとても重要な関
心ごとになります。

もし明日状況が好転するなら多少金額が大きくても構わない、と考
えるのも状況が苦しければありえる話です。
成果をお金で買うわけです。

でも、現実にはそんなうまい話はほとんどありません。。。


■コンサルタントのスタンス


コンサルタントには対処療法が得意なタイプと根本治療を志向する
タイプがあります。どちらが良い悪いではなく、考え方の違いです。

対処療法型は比べれば成果(正確には結果)が短期で出ます。
ですので、成果を早く求めるならこのタイプを選ぶ必要があります。

そしてもうひとつ重要なポイントがあります。
それは「自ら手を動かすのではなく、やり方を教える」というのが、
多くのコンサルタントが考えるコンサルティングの姿です。

最近は自分で手を動かしてくれるタイプも増えてきたようで、やっ
ぱり人気があります。


■成果でなくて変化を見てみる


これまでの経験上、余裕を持った発注者でも少し期間が経過すると
考え方が変わる、つまり成果の出る時期を気にし始めます。

じっくり腰をすえて会社を変えていこうと思ってコンサルタントを
雇ったのに、数ヶ月もすると成果が気になってしまいます。

お金を払っている以上、その成果が気になるのは当然です。

私はよくコンサルタントの方に「最初の1ヶ月で何らかの変化を出
してくれ」とお願いします。

その変化が「業績」なら一番です。
でも、難しいケースも少なくありません。
なので、極端な話、「社員が挨拶をするようになった」「デスクが
キレイになった」でもいいのです。

こういう変化が出せないコンサルタントは、コンサルティングの成
果を出すのにも時間がかかると思います。


■短期で成果を出すなら


これまでの話をまとめますと、短期間で成果を求めるなら


 ・短期で成果を出せることなのか?
 ・そのコンサルタントは対処療法型か?
 ・自ら手を動かしてくれるか?
 ・1ヶ月で変化が見えたか?


という視点で選ぶのが良いと思います。


では、また!

続きを読む”短期で成果を求めるなら”
2012年9月28日

グローバル教育


こんな日のスーツは本当につらい。。。
すっかり超クールビズになれた東日本のこばやしです。

今日は某大手企業さんに中村泰彦さんと同行しました。

テーマは海外拠点の社員に対する研修。
中村さんは国際青年会議所の仕事で、海外の研修会を
数多く担当してきたバイリンガル講師。



企業のグローバル化が進み、その流れで
トレーニングもグローバル化してきました。


語学研修などは以前からも多くありましたし、
他のテーマはMBA的なものが多かった印象が
あります。

でも、いわゆるエリートだけでなく一般社員も
海外に出て行く時代になると、日本の教育コン
テンツを現地社員にもという要望が増えてくる
のかな?
続きを読む”グローバル教育”
2012年9月19日

番頭としてのコンサルタント


こんにちは!コンサルジェントの小林です。


まだまだ暑い日が続いていますが、夕方なんかはなんとなく秋の気
配を感じるようになりました。


スーツを着なくて良いのであれば好きな季節なので、なんとなく寂
しいです(笑)


さて今回のコラムでは多くの経営者が抱える悩みについて書きます。


 

 ■同じ年代の社長の悩み


私の周りには何人か、社長をやっている友人がいます。たまにプラ
イベートで会ったりすると、やっぱり仕事の話になります。
(もうそんな歳ってことなんですね。。。)

私も職業柄、経営者の悩みは日常的に聞いているので慣れているの
ですが、相談(グチ?)のほとんどは「社員」についてです。

たしかに本業の部分は友人とはいえ、リアルな話はできないと思い
ますが、それ以外だと間違いなく社員について悩みを抱えています。


■同じ悩みでも経営者は死活問題


これは私の友人の話に限らず、弊社に問い合わせを下さる経営者の
方からもよく聞く悩みです。

これって別に社長じゃなくても同じことだったりして、上司が部下
について悩みを抱えているケースはどこにでもあります。

でも、経営者とサラリーマンでは決定的な違いがあります。
それは人の問題が「生死を分ける」からです。

この問題に対するソリューションとして研修なんかが行われていた
りしますが、多くは一定規模以上の企業を対象にしたものですし、
そんなに頻繁に研修を行っているお金も時間もないのが中小零細企
業です。

それならまずは売上に直結することにお金と時間を使いたい、とい
うのが本音だと思います。


■自分の会社に潤滑油はあるか?


中小企業の場合、トップとそれ以外の間にはかなりのギャップがあ
ります。ギャップというのは意識の面で。

よく社員に「意識を変えろ!」という経営者もいますが、そもそも
立場が違うので非常に難しく、人材を選ぶにしても選択肢も少ない。

そうこうしているうちにギャップは大きくなり、悩みも深くなる...。

逆にうまくいっている企業には「番頭」がいます。
この番頭さんはトップとそれ以外の間の潤滑油になっています。
ホンダでもソニーでも、そんな話はいくらでもありますよね。


■番頭としてのコンサルタント


でも、番頭さんは簡単にできません。苦楽を共にしたからこそ、ト
ップも信用することができるのであって、営業成績が良くて会社の
発展に貢献した、とかじゃダメなんでしょう。


では、どうするか。

客観的に状況を把握することができ、かつ利害関係なく全員と話を
することができるコンサルタントを雇うのはひとつの手です。


もちろん全てのコンサルタントがその役割をできるわけではありま
せん。もしかしたらそういうタイプは少なく、機能特化、例えば集
客とか財務に特化している人の方が多いと思います。


また雇うのは経営者なので、どうしても経営者寄りになりがちなの
も事実です。


でも、良いコンサルタントに出会えれば、社員の悩みから解放され
るかもしれませんよ!


それでは!

http://www.keieido.net/agent.html





続きを読む”番頭としてのコンサルタント”
2012年9月10日

英語での研修


こんにちは!こばやしです。

夏前から立て続けに4件、「●●研修を英語でできる講師を紹介して欲しい」
というお問い合わせをいただきました。


全て英語でというものもあれば、英語・日本語半々なんてものも。
テーマも接客、営業、戦略等々、実にまちまち。

日本で行うものもあれば、現地で行うものあります。

英語で行う研修を検討されている企業様、ぜひご相談くださいませ。

http://www.kenshudo.net/user_howto/

 

 

 

2012年9月 3日


<PR>

経営革新!100人のコンサルが語る事業成功の秘訣 現役研修講師が語る!社員研修がうまい会社・ダメな会社