経営コンサルティングの導入は、プロのコンサルティング・エージェント(代理人)にお任せ下さい。

社員教育とコンサルを格安で同時に進めるには


秋晴れですね!コンサルジェントのひがさです。

今回は先日商談させていただいた事例より、助成金を使った社員研
修とコンサルティングを同時に進める方法について紹介します。


■年々高まる顧客のサービス要求にどう応えたら良いのか?

先日、弊社のクライアントである社長様よりご相談を戴きました。
事業所向けサービス業の企業様です。

趣旨としては、

・10年前と比較してお客様の要求するサービス水準が高まっている

・社員のちょっとしたミスが致命的なクレームに繋がりかねない

・若手社員の全体的なレベルの底上げが必要

とのお話でした。このような課題に対応するために、いわゆる社内
でのOJTや先輩社員の指導だけでは限界があります。

そこで定期的な人材育成の研修を導入することになりました。


■社員研修に対する助成金とは?


いまはどこの企業様でも決して経営は楽ではありません。自ずと予
算の制約があります。

そこで今回は『成長分野等人材育成支援事業』を活用して国から奨
励金を受けて研修を行うことになりました。

この成長分野とは、支給対象分野となっている該当事業に限定され
ます。

「成長分野?それならウチの会社は無理かなぁ・・・」

いや、ちょっと待って下さい。けっこう幅広い分野が、成長分野と
して対象となっています。

<支給対象分野>

林業、環境・健康分野の建設業、環境・健康分野の製造業、電気業、
情報通信業、運輸・郵便業、学術・研究開発機関、スポーツ施設提
供業、スポーツ・健康教授業、医療・福祉、廃棄物処理業、その他
健康・環境分野の事業

いかがでしょうか?

ウェブコンテンツ制作会社様でも、フィットネスクラブ様でも、エ
コ住宅の工務店様でも、運輸業様でも、介護施設様でも該当します。

この助成金では該当者1名につき20万円が支給の上限となりますの
で、例えば10名が対象の場合、200万円の奨励金を受けることがで
きます。

つまり、コンサルタントへの謝金や教材費用の大部分を、この奨励
金でカバーすることも十分可能です。

結果として、予想外の格安な費用で全てカバーできることになりま
した。(奨励金の受給申請は終了後になります)。


■コンサルティングは「おまけ」のサービスとして


今回のご提案のメインはもちろん社員研修ですが、社長様とコンサ
ルタントの話し合いにより、別途コンサルティングとして経営相談
の時間も確保して頂くことになりました。

こちらは無償でおまけ(?)のサービスですが、通常は相応の金額
のかかるサービスです。教育研修で訪問する時間にプラスアルファ
して、このような使い方もできるのです。

話のポイントをまとめますと、

・顧客サービスを高める社員研修を定期的に行って、

・同時に社長の経営課題に対するコンサルティングも行って、

・費用の大部分を奨励金でカバーできる

ということが実現可能なのです。

※もちろんこのためには受給資格の認定や、制度の趣旨に合致した
教育訓練プログラムが必要となります。


■このプランに最適なコンサルタントとは?


今回、ご紹介させていただいたコンサルタントは、お客様の業界に
精通したスペシャリスト型の方で、ご提案に際して社長様からも高
い評価を戴きました。

つまり、このプランに適したコンサルタントとは、ゼネラリスト型
のコンサルタントではなく、

○その業界分野に精通している

○社員教育・人材育成のプログラムと豊富な経験・実績がある

○なおかつ社長のブレーンとしての高い見識がある

という人物が最適です。


本当にそんなコンサルタントいるの?いたら紹介してほしい、
という企業様は...




オチがついたところで・・・今回はこのへんで。


日時:2012年10月17日 11:42

カレンダー

2017年6月
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

blogカテゴリー


エントリー


リスト


<PR>

経営革新!100人のコンサルが語る事業成功の秘訣 現役研修講師が語る!社員研修がうまい会社・ダメな会社