経営コンサルティングの導入は、プロのコンサルティング・エージェント(代理人)にお任せ下さい。

外資系コンサルファームについて


こんにちは!こばやしです。
10月に入って一気に秋が深まりましたね。
この原稿を書いている時に寒くてたまらず暖房を入れてしまいました。

さて、今回は「外資系コンサルファーム」について書いてみます。

というのも、先日、外資系ファーム出身のフリーランスとうまく組んで
ビジネスをやっている会社の社長と話をしたのですが、同じ業界とは
思えないほど違っていてビックリしました。

「コンサルタント」という同じ言葉でくくっていいのかと思うくらいの違いです。


■超エリートなイメージ

マッキンゼー、ボストンコンサルティングなどの名前を聞くと、皆さんは
どのようなイメージをもたれるでしょうか?

MBAなんて当たり前、英語もペラペラ、グローバルで大活躍!

上記は私が業界に入る前に抱いていたイメージです。
今、思えば勝手なイメージだなぁと思います(笑)

全員がそうではないですが、いずれにしても高学歴で頭の切れる方々が
多いのは事実です。


■個人の顔で仕事をしない

コンサルフィーも数千万単位以上がほとんどなので、当然のことながら
活用しているのは大企業です。

ほとんどがプロジェクトチームとして動いていて、その期間は原則として
全ての時間をそのプロジェクトに費やします。
若手の頃は睡眠時間3時間なんてザラにあるとのこと。
時給換算したらとても合わないとおっしゃっていました。

それだけ働いても個人で実績をあげるわけではないので、フリーになる
とアピールポイントを書くのが難しくなり、ピン芸人として売り出して
いくのは困難なため、多くは大きなプロジェクトの助っ人として仕事を
しています。

なので、いざ探そうとしてもなかなか見つかりません。
探すプロの私でも探せません。


■どんな仕事をしているかというと

では、どんな仕事をしているのでしょうか?
クライアントの会社に入り込んで、まずはあれこれ情報を集めて分析
するところから始まります。

そして社外のネットワークも駆使しながらさらに情報を集め、それを
もとに仮説を立てて、「こうするのがベスト」という提案をするまで
が仕事です。

なので、お客さんを呼んできてくれたりする訳ではありません(笑)

中小企業経営者からすると「そんなのいいから、売上あげてよ!」
って感じかもしれませんね。


■事業会社への転身

キャリアとして多いのは事業会社への転身です。
または自分で事業を立ち上げる人もいます。
事業といってもコンサル業ではなく、いわゆる事業会社です。

そういう方々が立ち上げる事業はやっぱり事業計画がしっかりしている
ことが多いですが、それでも成功するかどうかは別の問題で、ファーム
にまた戻る人もいるとおっしゃっていました。

片や、何となくの思いつきで事業を始めて大成功してしまう社長もいる
ので、ビジネスって面白いなぁと思います。


■「コンサルタント」はひとくくりにできない

と、ここまで外資系ファームのコンサルタントについて書いてみたわけ
ですが、基本的に中小企業にはあまり関係のない世界です(笑)

私が申し上げたいのは「コンサルタントといっても様々」ということ。

読者の中には「コンサルタントを雇ったけど成果が出なかった」という
経験からコンサルアレルギーになっている方もいらっしゃるでしょう。

バックボーンが違えばやり方・考え方が違いますし、それが合っても
相性が合わなかったりすると失敗します。

良いと思います。


日時:2012年10月31日 15:18

カレンダー

2017年6月
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

blogカテゴリー


エントリー


リスト


<PR>

経営革新!100人のコンサルが語る事業成功の秘訣 現役研修講師が語る!社員研修がうまい会社・ダメな会社