経営コンサルティングの導入は、プロのコンサルティング・エージェント(代理人)にお任せ下さい。

古い友人である社長からのコンサルタント依頼


おはようございます、コンサルジェントの樋笠(元・関西人)です。

先日、昔からの京都の友人(ツレ)からの経営相談がありました。私は友人関係と仕事関係は接点が少ないので、こういったことは非常に珍しいケースです。

共通の友人(大学時代のツレ)を通じて、彼は数年前に親父の会社を継いで、いま経営のことで悩んでいるみたいなので、連絡してあげたら?、というのがきっかけでした。


彼と話をするのも、かれこれ15年ぶりくらいでしょうか。二人で一緒に韓国(ソウル)へ焼肉ツアーに行ったりした仲です。当時はイタリア車を乗り回して性格もかなりラテン系な愉快な男で、楽しい思い出がいっぱいあります。

親父の工務店を引き継いだことも全く知りませんでした。

事情を聞きますと、先代からの銀行借り入れの問題や、銀行に対する事業計画書や債務交渉の話や、従業員と意思統一して営業面を強化したい話や、いろいろな課題がありました。

さっそく、この方面に強いプロを、大阪の営業エージェントを通じて2名紹介させてもらい、先代社長(会長)や役員と一緒に会ってもらい、何度か協議を重ねて、最終的にうち1名のコンサルタントとの契約が決まったのです。

まだスタートしたばかりで、これからが勝負ですが、同じ経営者として、クライアントとして、彼の会社が良くなっていくように精一杯の支援ができればと思っています。





日時:2013年10月24日 08:01

カレンダー

2017年6月
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

blogカテゴリー


エントリー


リスト


<PR>

経営革新!100人のコンサルが語る事業成功の秘訣 現役研修講師が語る!社員研修がうまい会社・ダメな会社