経営コンサルティングの導入は、プロのコンサルティング・エージェント(代理人)にお任せ下さい。

研修講師はこれからも「買い手市場」が続く


こんにちは、コンサルジェントの樋笠です。

研修講師・セミナー講師という業界は、コンサルティングに較べると分野も広く、一芸でなんとかプロになれるという印象もあって、新規参入が多い世界だと感じています。

とくに日本企業の雇用慣行が崩れたと言われて十数年。独立起業者が増えると同時に、講師業を志す人も増えて、またそういった講師デビュー向けの商売も乱立してきた印象があります。

このようなトレンドの中で、講師業の市場自体が拡大したのかどうかは、はっきりしたデータがないので分かりません。ですが、労働人口が減少に転じて、不況期と言われる時代が続いてきた中、実感として「需要が増えた」とは私自身まったく感じていません。

つまり、研修講師の市場は、これまでも供給が需要を上回る「買い手市場」であり、その傾向はますます強まっていくと予想しています。

その根拠として、BtoBの市場においても、講師料は下がることはあっても、上がることはめったにありません(もちろん講師の人気や力量に応じた差はあります。あくまで全体の話です)。

講師料が多少下がったとしても、仕事の機会があれば良いですが、これから将来は仕事の機会を得ること自体が難しいプロ講師も増え続けるのではないかと思います。またこれまで言い値で通ってきたような大手研修会社でも、確実に価格への下方圧力が強まっているのではないでしょうか。

研修講師やセミナー講師を依頼する側の企業にとっては、選択肢がより増えて、価格も抑えられるので、より良い研修やセミナーを行う上ではプラスだと思いますね。

日時:2013年12月10日 18:50

カレンダー

2017年6月
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

blogカテゴリー


エントリー


リスト


<PR>

経営革新!100人のコンサルが語る事業成功の秘訣 現役研修講師が語る!社員研修がうまい会社・ダメな会社