経営コンサルティングの導入は、プロのコンサルティング・エージェント(代理人)にお任せ下さい。

三菱東京UFJ銀行を偽る悪質なメールにご注意下さい


年の瀬ですね。コンサルジェントの樋笠です。

本日、三菱東京UFJ銀行を偽る悪質なメールを受け取りました。念のため三菱東京UFJ銀行のサイトで確認しますと、12/24に下記のような注意喚起がされていました。

ぜひ、みなさまもくれぐれも不審なメールにご用心下さい。


以下、三菱東京UFJ銀行のサイトより引用。


インターネットバンキングのパスワード等を騙し取る不審な電子メールにご注意ください(平成25年12月24日更新)。

インターネットバンキングのパスワードなどお客さまの情報を盗み取ろうとする不審な電子メールが、当行とのお取引の有無に関わらず不特定多数のお客さまに発信されています。

  • 1. 
    ご注意事項
    • (1) 
      当行が電子メールで、パスワード等の入力をご依頼することは、絶対にありませんので、決して入力することのないようご注意ください。
      また、銀行員、銀行協会職員、警察等が、店舗外や電話等で各種パスワードや確認番号(ご契約カード裏面の乱数表)の数字をお尋ねすることは、絶対にありません。
    • (2) 
      不審なメールが届いた場合は安易にリンク先にアクセスしたり、添付ファイルを開いたりせず削除してください。万が一、リンク先の不正サイト等にパスワード等を入力した場合は速やかに下部の問い合わせ先までご連絡ください。
      • ※当行から配信するメールの確認方法は新しいウィンドウを開きます。こちらをご覧ください。
  • 2. 
    不審な電子メールの内容

    電子メールのリンク先の偽ログイン画面に誘導して、ご契約番号やパスワード等を入力させ、お客さまの情報を盗み取る手口です。
    ログインボタンを押すと、次の偽画面で確認番号表(乱数表)の数字を入力させるものもあります。


<不審な電子メールの例>

不審な電子メール例(1)(12月24日追加)

当行からのメールではありません。リンクは開かず電子メールを削除してください。


不審な電子メール例(2)(11月18日掲載)

当行からのメールではありません。リンクは開かず電子メールを削除してください。

リンクを開くと偽のログイン画面が表示されます。

偽のログイン画面

ログインボタンを押下すると偽の確認番号入力画面が表示される場合があります。

当行の画面ではありません。絶対に入力しないでください。



なお私が実際に受け取ったメールの文面とリンク先は、下記のようになっていました。


差出人:三菱東京UFJ銀行 <whitemasan75@yahoo.co.kr>

件名:【三菱東京UFJ銀行】メールアドレスの確認


<以下、詐欺メールの引用>


こんにちは

これは「三菱東京UFJ銀行」から送信されたアカウント確認のメールでございます、お客様はアカウントがロックされないように定期的にチェックしてください。

以下のページより登録を続けてください。

<http://www.jiguangdabiaoji.org/css/index.htm>https://entry11.bk.mufg.jp/ibg/dfw/APLIN/loginib/login?_TRANID=AA000_001

以下省略


<詐欺メールの引用終わり>



以上、くれぐれもご注意ください。


日時:2013年12月25日 23:40

カレンダー

2017年6月
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

blogカテゴリー


エントリー


リスト


<PR>

経営革新!100人のコンサルが語る事業成功の秘訣 現役研修講師が語る!社員研修がうまい会社・ダメな会社