メールマガジン

トップページ > メールマガジン「現役講師が語る!」 > バックナンバー > 第17号

現役講師が語る!社員研修がうまい会社・ダメな会社

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■
■■ 『現役講師が語る!社員研修がうまい会社・ダメな会社』
■■                    第017号 2007/08/09
■■
                  社員研修・研修講師の業界情報が満載!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://www.kenshudo.net/

<INDEX>
  1.事前課題は実施すべき?

  2.研修堂がリニュアルしました!

  3.クローズアップ講師&新着講師情報!

  4.あとがき

────────────────────────────────────
<PR>
         中小企業のM&A時代の本格到来!

   経営トップのための「競合他社とのM&A戦略」
        実践ワークショップセミナー

    2007年8月30日(木)13:30〜17:00 in 東京

◎詳細は⇒ http://www.keieido.net/seminar-t/cons_tokyo.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1.事前課題は実施すべき?
────────────────────────────────────

こんにちは!編集長の小林です。
前回は「まだ暑くない」なんて書きましたが、いやいや、ここ数日は本当に
キツイですね。。。
クールビズに慣れてしまうと、ネクタイをした時のあの暑苦しさ。
人間の順応性の高さを改めて感じる今日この頃です。

さて、今回のテーマは「事前課題」です。

これは企業側も講師側も意見が割れるところですが、賛成・反対で分類する
とこんな意見が多いと思います。

○賛成派

 ・研修をより充実させたい

×反対派

  ・受講者に負担をかけたくない
  ・準備などがめんどくさい

私個人としてはA4一枚程度の事前課題は実施した方が良いと思っています。
たまーにですが、当日会場にいって初めてなんの研修かを知る不届き者も
いらっしゃいますので、研修への意識付けという意味でも効果があると思い
ます。

また、どうしても研修時間が取れない場合には、事前課題で個人ワークを
済ませてきてもらうというやり方もあります。

いずれにしても、受講者の本業に支障が出ては本末転倒ですので

  分量が少ない時 → 2週間前程度
  分量が多い時  → 1ヶ月前程度

というようなスケジュールが適当ではないでしょうか。
もちろん「ビシビシ鍛えたい」ということでしたらこの限りではありません。

                       株式会社コンサルジェント
                       メルマガ編集長 小林幸央

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2.研修堂がリニュアルしました!
────────────────────────────────────

いつもご愛読ありがとうございます。
「研修堂」運営会社のコンサルジェント樋笠です。

このたび「研修堂」サイトのデザインをリニュアルしました!

http://www.kenshudo.net/

主な変更点は“デザイン”です。より見やすく、使いやすく改善をしましたので
ぜひ今後ともご活用ください。

とくに“講師プロフィール”は、そのままパソコンで印刷設定をして頂ければ、
左のメニューが入らない形でA4サイズのままプリントできるようになっています。

おかげさまで、ユーザー会員、講師会員のご登録も、順調に伸びてきました。

ぜひ研修講師を探す際に、どんどん使っていただけたらと思います。

また使い勝手の面などで、ご不便を感じる点がありましたら、ぜひ気軽にご指摘
をいただけますと有り難いです。

それではぜひ、今後とも研修堂をよろしくご愛顧ください!

             株式会社コンサルジェント 代表取締役 樋笠耕治

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■3.クローズアップ講師&新着講師情報!
────────────────────────────────────

研修堂のお勧め講師をご紹介します。クローズアップ講師は、研修堂がぜひお勧
めしたい実績豊富なプロ講師!新着講師は、最近新たに登録いただいた研修講師
をピックアップしてお届けします。

<クローズアップ講師> ※順不同

◆有限会社メディカルサービスサポーターズ 岸部宏一氏
http://www.kenshudo.net/sp_detail/id1155895478-891172.html

⇒医療制度が大変革を迎えた今、医療機関の生き残りのためには院長のビジョン
を実現するための内部組織作りと優秀な管理職が必須条件です。MSSの医療現
場出身のコンサルタントに、お気軽にご相談ください。

◆株式会社タカハシ&パートナーズ 浦上俊司氏
http://www.kenshudo.net/sp_detail/id1172708581-295587.html

⇒受講生を飽きさせない「テンポの良い語り口」と「卓越した理論」に定評があ
り、多くのファンに支えられている。インプットの研修ではなくアウトプットの
研修を心掛けています。

◆NPO法人ハートライセンス 道端泰代氏
http://www.kenshudo.net/sp_detail/id1179668272-953814.html

⇒うれる人材は、考え方が違います。考え方を変えなければ行動が変わらないと
いうところに焦点を当て、非言語コミュニケーションの使い方と売れる人材の立
ち居振る舞いを中心に楽しく実習を行なっていただきながら変革へと導きます。

<新着講師>  ※順不同

●豊田生産コンサルティング 青木幹晴氏
http://www.kenshudo.net/sp_detail/id1186581012-197535.html
⇒26年、本社・本社工場・田原工場でトヨタ生産方式の全体を修得しました。

●株式会社シー・アンド・アイ・ビジネスコンサルティング 岩本孝志氏
http://www.kenshudo.net/sp_detail/id1185964434-314659.html
⇒社員の活力を引出し、成長の促進を考えた人事制度を導入して企業価値向上へ。

●ユッカ・ドリーム・コンサルティング株式会社 宮崎ゆかり氏
http://www.kenshudo.net/sp_detail/id1185159730-791420.html
⇒メンターをキーワードに、社員が元気に意見を主張できる環境作りのお手伝い。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■4.あとがき
────────────────────────────────────

発行責任者のコンサルジェント樋笠です。

この「研修堂」サイトも、プレオープンからちょうど1年近くが経とうとしてい
ます。やはり新しいサービスを始めるには、試行錯誤しながら1年くらいはトラ
イアンドエラーを繰り返していくものだな・・・と実感しました。

当初、描いていた理想像には、まだまだ努力が必要だと感じています。

これまで社内研修にはあまり力を入れてこなかった企業様や、急成長で人材育成
に課題を感じていらっしゃる企業様など、もっともっと研修講師をご活用いただ
けたら、と願っています。

ご意見・ご要望などは http://www.kenshudo.net/contact/ まで気軽にお寄せ下さい。

             株式会社コンサルジェント 代表取締役 樋笠耕治

∽∽‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥∽∽
■社員研修・セミナー講師探しの『研修堂』 http://www.kenshudo.net
◆経営コンサルタント探しの『経営堂』 http://www.keieido.net
<運営会社>
経営コンサルタントの購買代理エージェント《株式会社コンサルジェント》
〒103-0023 東京都中央区日本橋本町1-10-2きめたハウジング第20ビル 6F
〒541-0054 大阪市中央区南本町2−1−1本町サザンビル 8F
◎研修堂に関するご意見・お問合せ: http://www.kenshudo.net/contact/
※本メールマガジンの著作権は発行者・執筆者に帰属し、無断転載することを
禁止します。※同僚・知人へのご紹介・転送歓迎します。
∽∽‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥∽∽
このマガジンは[まぐまぐ] http://www.mag2.com/を利用して発行しています。
登録解除は http://www.mag2.com/m/0000208077.htm
∽∽‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥∽∽

このメールマガジンについて

社員研修・人材教育がうまくいく実践ノウハウを第一線の研修講師が公開!社員研修の成功事例・失敗事例から学ぶケーススタディやお勧めの研修講師 情報、最新セミナーが満載。社員教育の担当者・人事担当者・経営幹部のための「研修堂」オフィシャルマガジン。【最新号を読む】
powered byまぐまぐ

メールマガジンの登録(無料)

ご登録は下のフォームから簡単にできます↓

メルマガ登録・解除
読者登録規約
 

<PR>