メールマガジン

トップページ > メールマガジン「コンサル出版!」 > バックナンバー > 第116号

コンサル出版フォーラム〜本はあなたをメジャーにする!

◇‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥◆
コンサル出版フォーラム〜本はあなたをメジャーにする!
第116号【07/04/30】

他誌では読めない業界マル秘情報を満載!
コンサルタントの出版を応援するメールマガジン
◇‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥◆

《PR》  ◆◇絶賛好評発売中! 新刊のご案内◇◆  

『こんな男性が愛される―団塊男子の必読書』

著者:小倉 やよい 出版社:エンタイトル出版 価格:¥1,260

人生をさらに楽しくするための参考書を作って欲しい!
そんな団塊男子のお願いから生まれた本です。
有意義なシニアライフを過ごすためのノウハウが詰まっています!
http://amazon.co.jp/o/ASIN/4903715132/consulgent-22/ref=nosim

∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
《今週のCONTENTS》

1.『著作権の罠』

2.【本多泰輔の出版プロデュース】のご案内

………………………………………………………………………………

おはようございます。
本多泰輔です。

ゴールデンウィークですね。いまメルマガなんて読んでる人、少し
寂しくないですか。私はすごく寂しいです。

前回は前置きが長くて本論に入れず終わってしまいましたので、今
回はいきなり本題です。

なお、前回同様ここに書いてあることは一部私見を含んでおります
ので、「出版メルマガに書いてあったから」と軽率に行動すること
は避け、法的な問題に対しては専門の弁護士等に相談した上で判断
してください。

まず訂正です。

前回「イラスト、写真、オリジナル性の高い図表などは引用という
ことは不可能なので、転載ということになります」と書きました。

誤りでした。すいません。

イラスト、写真、絵画も引用は可能です。引用が可能ということは、
引用の要件が整っておれば無断で自由に使うことも許されます。

前回、イラスト、写真について記したときは、もっぱら「飾り」ま
たは「説明の補助的な図解」を念頭に置いていましたが、報道、批
判、研究などの対象として絵画、イラスト(漫画も含む)、写真を
扱う場合に、その現物を引用することは、引用要件を満たす形式が
整っておれば可能です。

■何がどうなると著作権侵害となるのか

では、他人が書いたマナーの本にセンスのよいお辞儀のイラストが
あったから「これ、いい!」と出所を明示し、引用部分を明らかに
した上で掲載してしまうことができるでしょうか。

その場合、果たして「お辞儀のイラスト」が本論の研究・批判の対
象であるかどうか、その目的が正当かどうかが問われます。

もし本のテーマが『ビジネスマナーとイラストの研究』であれば引
用として認められるでしょう。しかし、『ビジネスマナーのポイン
ト』なるテーマで、お辞儀の角度は30度という説明のためにイラ
ストを使用したなら出所を明らかにしても引用といえるか。

イラスト自体は絵画同様著作物ですから、編集現場では他の本から
イラストを抜いて使うということはまずしません。この場合、イラ
ストを書いた人に改めて依頼するという方法をとるのが普通です。

ただこれが引用の範囲を超えるのかどうかは、誰かに訴訟起こして
もらって確かめるしかないかもしれません(あるいは判例があるの
か)。私は御免蒙りますけど。

やはり「公正な慣行」から外れてるように思いますので。

絵画に関しては、有名な判例があります。

ある版元が藤田嗣治の画集を出版しようと藤田の遺族に頼み込んだ
のですが、どうしても了解をもらえず、苦肉の策で版元は「藤田作
品の研究書」という形式で本を発行しました。

つまり藤田の絵画は「引用した」、だから掲載の許可は要らないと
いう論法で著作権法をかわそうとしたわけです。

もちろん藤田の遺族はその版元を著作権侵害で訴えました。
その結果は、版元の敗訴、損害賠償と出版差し止めとでした。

版元は、ある意味確信犯ですから引用の要件については、かなり慎
重にトレースしていたと思いますが、裁判所の判断は、引用した絵
画でも絵画として鑑賞できるじゃないか、研究素材といっても十分
鑑賞できるのだからこれは画集でしょ、ということです。

この本が画集を目的にスタートした企画であったことは、遺族に画
集出版の依頼に行ったことで証明されていますから、版元は下心を
見透かされていたことになります。下手うちましたね。

もし始めから『絵画の研究 藤田嗣治』でいってたらどうなったの
でしょう。それでもクロなら、もはや有名画家や写真家の研究書は
出せないことになってしまいます。

■引用の条件

著作権は創作者の権利を守る法律ですが、一方、文化・知識の広範
な普及という人類全体の福利のためには、知識を個人の所有下にの
み留めておくことは不都合であるという見解も含んでいます。

そこで著作権には一部その制限があります。引用もその一つです。

つまり引用は文化・知識の普及促進のために他者の著作物であって
も一定の要件下で自由に使うことができる、というものです。

引用できる要件をざっと挙げると

 ・公表されたものであること
  ・正当な範囲であること
  ・論文が主で引用が従の関係であること
  ・公正な慣行に基づくもの
  ・文章を改変しないこと
  ・引用部分を明確に区別すること
  ・出所を明示すること
  ・報道、批評、研究など正当な目的のための素材であること

他にもあったかもしれませんが、思いつくだけでもこれだけありま
す。けっこう鬱陶しいですね。

前回も書きましたが、「丸写し」は正当な範囲を逸脱しますし、公
正な慣行にも反しますので、引用になりません。あえて区別すれば
転載ですね。

著作権法上、自由に他人の著作物を掲載できるのは引用だけですが、
現実には「要約」または「要約引用」というものも多数目にします。

「要約」も「要約引用」も著作権の制限項目ではありません。
ですから明確にここまでという線がありません。

単純に「引用」と「要約」は無許可でいいと思ってる人も多いよう
です。しかし「要約」は、要約する段階で著作権の「同一性の保持」
に抵触します。

次に内容を要約することで「無断翻案」となる恐れもあります。

あれも危ない、これも心配、じゃあ一体どうすればいいんだよう。

簡単です。

面倒くさいことは編集者に預ければいいのです。
別に著者が無断翻案か引用か要約か悩むことはありません。

編集者に「ここ要約してますけど大丈夫ですかねえ?」「この引用
で問題ありませんか?」と確認の言質をとっておけばいいのです。

リスクの移転ですね。

後は編集者が、自分で判断するか弁護士と相談するかして対処しま
す。許諾が必要だったら編集者が連絡を取るでしょう。

著者は著作権の素人で、編集者は著作権のプロ(建前上)ですから、
さっさと預けましょう。

ただ著者から申告(原稿に引用、要約、丸写しとあればそれでも可)
されないとどこが該当箇所かわかりませんから、事件発覚後にしら
ばっくれられないためにも編集者に相談しておくことは重要です。

■朝日と山梨日日の盗作問題、シロかクロか

もはや旧聞ですが、朝日新聞の写真記者が読売の写真記事を盗用し
た事件と山梨日日新聞の論説委員が他紙の論説を盗用した事件につ
いて前号で記しました。

それぞれ書いた本人が自白してしまったので、盗作ということが割
合はっきりしましたが、仮に無実を主張し裁判沙汰となったらシロ
クロはどうなったでしょうか。

山梨日日新聞の論説委員の方について、私がやや同情的なのはやは
り先週書きました。

勝手に想像するに「このくらい変えておけば問題はないだろう」と
思って出稿したのではないでしょうか。

もう少し配慮した表現にすれば「この文章であれば、他紙の論説は
参考にした程度のものになっているはずだ」と考えたのだと思いま
す。

いわば著作権についての知識があるゆえの陥穽に落ちたともいえま
す。その点では、藤田嗣治の「画集」を藤田嗣治の「絵画の研究」
として出版しようとした版元も同様です。

両者とも「これならOKだろう」と踏んだわけです。

さて、朝日新聞の写真記事から見ていきます。
著作権侵害を構成する柱は大きく言って2本です。

まず「依拠性」。
朝日の記者が読売の記事を見たか、見なかったかです。

次に「類似性」。
その記事が似ているか、似ていないかです。

依拠性が証明されても、つまり見たとしても記事が違っていれば罪
にはなりません。そもそも発覚しませんから事件になりません。

依拠性がシロ、つまり見ていなかったことが認められれば、「偶然
ってあるもんですねえ」ということになり、これも無罪。

本件は、依拠性も類似性も本人が正直に認めてしまったのですが、
仮に本多某のごとく姑息でうそつきであったなら結果はどうなるで
しょうか。

まず依拠性、見たかどうか、これは本多がしらばっくれても通りま
せん。なぜなら発行部数公称一千万部の読売新聞だと「こんなに出
てるんだから多分見ただろう」とするのが裁判です。

「自分はヤクルトファンだから読売は子供のころから見ていない」
と主張しても通りません。よって依拠性はクロ。

残るは類似性です。似てるか似てないか。
本件は似てます。

しかし同じ地方の同じ風物詩を短い文章で表記するのだから似るの
は当然です。また事実や短い文は著作権法上では著作物ではありま
せんから権利保護の対象ではありません。

というわけで専門家に聞いたところでは「クロだろう」というご意
見でした。

個々の事実や短文は著作物ではないが、「誰が書いても同じような
文章になる」ような事実でない限り、やはり「全体に酷似している」
となれば無断翻案、無断引用になるのではないかと。

一方、山梨日日新聞は、依拠性については「論説委員なら他紙の論
説を複数読んでいるだろう」、826万部の朝日新聞や一千万部の
読売新聞の論説なら依拠性は真ックロ、産経新聞でもクロに近いグ
レーでしょう。

類似性については、全体の15箇所くらいが、他紙のいずれかの論
説の一部分と酷似しているということですので、いちいち付け合わ
せて発見した人もご苦労さんですが、論説の場合、事実の報道では
なく意見表明ですから、著作物の定義である「意見や思想を表現し
た」ものなのでこちらもクロっぽい。

よって、両者とも司法の手にかかる前に潔く自らを裁いていますが、
裁判となってもちょっとシロにはなりそうにありません。

結局、引用を明記しておけばよかったのですね。

でも、他紙から引用しましたなんて明記したらデスクを通るわけが
ないし、だれにも相談できないまま「このくらいなら大丈夫だろう」
とやってしまったのでしょうかね。

著作権の罠には気をつけましょう。

ちなみに著作権法は刑事ですので逮捕も懲役もあります。
と軽く脅しを入れて次回、「著作権侵害、その罪と罰」へ続きます。

ではまた来週。

《バックナンバーはこちら》
http://www.keieido.net/publish-mag.html

………………………………………………………………………………
◆◇本多泰輔の出版プロデュース◇◆

メルマガで情報収集するのもいいけど、今すぐに出版に向けて行動
を起こしたい。そんなあなたの出版デビューを、本メルマガの編集
長・本多泰輔が全面的にバックアップさせて頂きます。

企画書のアドバイスから、出版社への持ち込み・交渉、出版デビュ
ーの実現まで。これまで数多くのコンサルタントが苦労して、失敗
しながら、多くの年月を費やしてきた道のりを、本多との二人三脚
で一気に解決しましょう。

>> http://www.keieido.net/publish.html <<

∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
《編集後記》
「引用」と「要約」の話を読んでいて、かつてGoogleニュースの引
用(リンク)が騒動になった一件を思い出しました。日本ではまだ
まだその驚異的な影響力が十分知られていなかった2004年頃、新聞
記事をリンクとして引用された日本の新聞社が猛反発し、自社の記
事見出し配信を拒否したという事件です(佐々木俊尚氏「グーグル」
に詳しくあります)。結局、Google側が新聞社に見出し使用の著作
権料支払いを申し出てさやが収まった形になったそうですが、裁判
のシロクロを超越したパワーを感じさせますね(発行者:樋笠)


◆‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥◇
発行:《株式会社コンサルジェント》http://www.consulgent.co.jp

〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-1-9 川名第二ビル6F
〒540-0036 大阪市中央区南本町2−1−1本町サザンビル 8F
★出版に関するお問合せ: http://www.keieido.net/inquiry.html

※本メールマガジンの著作権は発行者・執筆者に帰属し、無断転載
することを禁止します。※同僚・知人へのご紹介・転送歓迎します
◆‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥◇
このマガジンは[まぐまぐ] http://www.mag2.com/を利用して発行
しています。配信停止は http://www.mag2.com/m/0000146671.htm
◇‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥◆


このメールマガジンについて

これからビジネス本を出版したいコンサルタントのためのメルマガです。出版デビューから手堅く売れるロングセラー企画の作り方、出版社への持ち込み方、交渉術を業界30年のベテラン編集者が伝授します。【最新号を読む】
powered byまぐまぐ

メールマガジンの登録(無料)

ご登録は下のフォームから簡単にできます↓

メルマガ購読・解除
読者購読規約
 

<PR>