メールマガジン

トップページ > メールマガジン「コンサル出版!」 > バックナンバー > 第152号

コンサル出版フォーラム〜本はあなたをメジャーにする!

◇‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥◆
コンサル出版フォーラム〜本はあなたをメジャーにする!
第152号【08/01/15】

他誌では読めない業界マル秘情報を満載!
コンサルタントの出版を応援するメールマガジン
◇‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥◆

《PR》    ◆◇今週のおすすめビジネス書◇◆      

【「感じのいい人」と呼ばれたい】
著者:小倉やよい 出版社:エンタイトル出版 価格:1,260円

他人の目を気にするあなた、周りの人に愛されたいと思う人に贈る、
爽やかな人になるためのニュー自己啓発書!第一章「メンタル編」
第二章「テクニック編」第三章「マナー編」の三章構成。読めば美
しくなる、今年最高の話題の本です。
http://amazon.co.jp/o/ASIN/4903715159/consulgent-22/ref=nosim

∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴

《今週のCONTENTS》

1.『LONG LONG GOODBYE』

2.「本多泰輔の出版プロデュース」のご案内

………………………………………………………………………………

万感を込めて、おはようございます。
本多泰輔です。

そういうわけで、年末にご案内しましたとおり、これが最後のメル
マガです。

3年間もお付き合いくださったかたがたに心よりお礼申し上げます。

毎週見ていただいていたらしいTK社のWさま、たまに誤植のお知
らせをくださったT社のOさま、一度もお会いしないままだった版
元のみなさま、そして読者のみなさま、本当にありがとうございま
した。

ところで、メルマガの終了に合わせたわけではないでしょうが、本
メルマガではあまり褒めてこなかった共同出版系版元のトップ新風
舎が年明けの7日に民亊再生法を申請しました。

続いてわたしも袖刷りあう程度のご縁のあった中堅版元、草思社が
9日やはり民亊再生法の申請を行いました。20億と22億、両社
の負債総額も似たような額です。

草思社は、『声に出して読みたい日本語』(齋藤隆著)のほかに、
過去何冊かミリオンセラーを出した出版社で『清貧の思想』(中野
孝次著)は文化的にも存在感の高い本でした。

かように優れた既刊本と有力な著者をたくさん持っている会社です
から、河出書房新社や筑摩書房のようにきちんと復活するであろう
と思います。

すでに支援を申し出ている会社も多いと聞きます。

ただ、創業者の個性が色濃く出ていた出版スタイルは変わらざるを
得ないでしょう。

草思社の書籍を見ればわかりますが、一貫して保守、その姿勢は産
経、文春、新潮よりも際立っていました。ご縁もあったし、時代を
つくってきた出版社だけに感慨深いものがあります。

草思社の本は、書店店頭には変わらず陳列されていましたが、往時
からするとその動きが沈滞していて、販売の現場では何年か前から
「草思社はどうしたんだろう」という声がありました。

目立った販売部数がないので、出版の営業現場の視界からは消えて
しまっていたからです。

それにしても新年早々、出版界にとってはショックなニュースでし
た。

■もうひとつの倒産

一方の新風舎は、何のご縁もなかったので特に感慨はありません。

著者からお金をもらって本をつくる共同出版、協力出版で倒産する
なんて、よほど経営が下手だったのか、という気がしますけれども
昨年同社にだまされたという被害者団体の訴訟会見が報道されまし
たし、NHKまで実名は伏せていたものの高齢者の自費出版被害を
伝えていましたから、度重なるネガティブ報道でキャンセルも急増
したであろうことは想像できます。

売上額52億、そのうち著者からもらったお金が4分の3、4分の
1が本の売上だったそうです。

一年間に2800点以上の新刊を出して、本の売上が10億だと新
刊1点の販売部数はおよそ370冊!そりゃ倒産しますわな。

売上20億というと、新刊発行点数でいえば、だいたい新風舎の2
0分の1規模の版元と同等です。

実際には著者からもらったお金40億がありますから、その半分は
本の制作費に費消されたとしても手元に20億ほど残ります。

本社を毎月家賃一千万の都心ビルに置いたり、書店を開いたり、派
手に広告を打ったりしてましたから、社長の給料を含め著者からも
らったお金の半分くらいをこうした費用に当てていたのでしょう。

なんか国民から預かった年金基金をグリンピアや他のことに遣っち
ゃった社会保険庁を髣髴とさせます。

本をつくるお金が足りなくなってしまって倒産したのでしょうか。

契約時の預かり金は遣っちゃって、実際に本をつくるときは新規に
契約した人の預かり金で充当する、だが逆風で新規契約が少なくな
り資金がショート、ということだったとしたら、破綻のメカニズム
まで年金そっくりです。

いまの高齢者を若者が支えるという年金システムも、若年人口が減
ると動かなくなります。

負債額20億というのは、ちょうど2800点の新刊の印刷製本費
用に近い数字。目の前にお金があると、つい遣っちゃいたくなるの
が人の業というものなのでしょうか。あるいはお金の魔性か。

前にも書きましたが、結局、いまの共同出版・協力出版は考えかた
としては成り立つのですが、システムを支えるには構造的に無理が
あります。

無理に無理を重ねて、今日まで来ているのですからどこかで破綻す
るのは道理です。

要するに、売れない本はいくらつくっても売れないし、本が売れな
きゃ出版社は立ち行かない。

スポンサーがついたって同じこと、スポンサーをあてにしてスター
トしても、どこかで独り立ちする、本を売って食っていく目処をつ
けなければ会社は残りません。

本が売れるということは読者がいるということ、結局、読者のいな
い本をいくらつくっても社会的経済的に意味がないのです。

果たして共同出版でどこまで売れる本がつくれるか。
業界の健闘を見守りたいところです。

■変わる時代と編集者

いまさらですが、本多泰輔という名前はここだけのペンネームです。

本名は☆#?♪◇&%‘@といいます。
パートでCIAのエージェントもやっています(ウソです)。

本名だと世間を狭くする恐れがあるので、メルマガを始めるとき、
何か適当な名前はないかと考えているうち、出版支援情報のメルマ
ガなのだから、「本出す助け」を適当にアレンジして本多泰輔とし
ました。

たまに「本多さま」などとメールが来るとあて先違いじゃないかと
驚いたりしました。

スタートさせるときは、会員制にして出版社の部屋「著者求む」と
著者が出版社にアピールする「企画あります」の部屋などもつくり、
アクティブにやろうかと考えていたのですが、セキュリティの問題
と立ち上げの手間を考えた段階で面倒になり、とりあえず無料のメ
ルマガだけを始めました。

何かを始める時は終わるときのことを考えなければならない。

その昔、先のことを考えずに始めた勉強会が止めるに止められず、
大した成果もないのにずるずると続けなければならなかった反省か
ら、新しいことをやるときにはいつも辞めることの形を考えるように
しています。

このメルマガもだいたい100回を一区切りにしようと、漠然と考
えていたのですが、たまたまその時期に仕事が集中したものですか
ら、ついうっかり100号を過ごしてしまい、丸3年を迎える今号
をゴールといたしました。一年延長です。

たった3年の間でしたが、このメルマガを書くために改めて出版業
界を見直したとき、いままでずいぶん業界に無関心だったことに気
がつきました。

出版界はけっこう奥が深い。

冒頭触れた共同出版業界についても、ちょっとは知ってるつもりだ
ったのですが、知らないことのほうが圧倒的に多かったですし、出
版市場の新刊の発行点数と売上高のアンバランスな数字を見たとき
は、これはやばいと慄然といたしました。

振り返ってみると、この3年間で大きな変化は、新書、文庫の増加、
企画面ではネット依存、ブログから本というスタイルが出てきたこ
とでしょうか。

編集者が企画を求めてブログからブログを渉猟するなどということ
は、わたしはやったことがありませんし、4年前にはやっている人
間さえ見たことがありませんでした。

当時は、せいぜい企画を求めて書店から書店を渉猟する程度です。

よくも悪くもそういう時代なのでしょう。
編集者もネット依存の時代です。

ここでは何度か編集者の生態について書きました。

生態といっても職業的な性格のようなものをいくつか紹介したにす
ぎませんが、新人著者にとって、差し当たってのハードルは編集者
ですから、彼らの行動傾向や弱点を知ることは著者にとって出版社
攻略の第一歩です。

編集者である以上不易な部分は、昔もいまも変わりません。

また編集者だってサラリーマンですから、組織の事情にコントロー
ルされて動くことも昔と同じです。

しかし企画を求めてネットを渉猟する編集者というのは、わたしに
とってUNKNOWNな存在、そもそもブログで展開されている情
報量では書籍には少なすぎるはずです。

この情報量で本にしてしまってクオリティが保てるのか、他人事な
がら気になります。まあ、売れてんだからいいんでしょうけど。

あんまり濃いのも読者が気後れしますけど、それにしても全体に薄
味なものが増えているように思うのは、すでに時代遅れになってい
る証左なのかもしれません。

■出版社と編集者の本質

出版社は本をつくり本を売って成り立っているわけですから、常に
売れる本を求めています。

編集者は最初のうちは自分の好みのものをつくりたがりますが、し
ょせんは組織の一員、サラリーマンですから時間とともに会社の要
求に合わせて企画を審査するようになります。

企画を分ける基準はただひとつ、売れるか売れないか。

とはいえ、売れるか売れないかが本当にわかる編集者に出会うこと
は、宇宙人に出会うより低い確率ですから、あなたが会うすべての
編集者は読者の求める企画はなにかといつも悩んでいます。

読者の求めるものがなんなのかは、読者に聞ければいいのですが、
読者も忙しいのでどんな本が欲しいかなどと普段から考えてはいま
せん。

いきなり聞かれても「宝くじで3億円当たる本」とか「年収1億に
なる本」とか「女にもてる本」とか、そういう答えが返ってくるで
しょう。

こうした本能的なニーズは不変のテーマで古より今日まで存在しま
す。たぶん未来もそうでしょう。

ただ、あまりに多くの類書があるため、そのままでは企画になりま
せん。成功願望を叶えるにために「そうじをしなさい」となれば企
画です。「日記をつけろ」「手帳をつかえ」というのも企画です。

一方、ニーズには成功願望のような顕在的なものと、本が出てはじ
めて顕在化するような潜在的ニーズもあります。

これだけ高齢者人口が増え、社会保障に対する不安が蔓延し、周辺
諸国の台頭の脅かされていれば、社会的にも潜在的なニーズがある
はずです。

それがなんなのかは、仮にわかってもここではいいませんが、時代
が変わればそこに企画がある、出版は不安も希望も企画に直結させ
ることができるのです。

ゆえに昔から出版社は「常に宝の山の上に立っている」といって、
自らを鼓舞してきました。

立ってるだけでは仕方がない、掘ってみないと宝かガラクタかわか
らないんで掘ってみると、ま、だいたいガラクタのほうが多いとい
うのもまた現実なんですけどね。

■ビジネス書、もうひとつの原点

ビジネス書は、いわば「べんり情報源」が基本形だと思います。

「べんり情報源」というのは、本来実用書という範疇ですが、実用
書というとビジネスから生活まですべてに及んでしまうので、ビジ
ネス関係の「べんり情報源」をビジネス書と個人的にはとらえてい
ます。

普通ビジネス書は、法経書の系統でとらえる人のほうが多いと思い
ます。アカデミズムのほうがかっこいいですから。

しかし数多のビジネス書を歴史的に見てくると、やはりその原型は
「べんり情報源」であるように見えます。

会計学をわかりやすく、経済学をわかりやすく、経営学をわかりや
すく、という図解入りでやさしく解説するという「理解中心」だけ
でなく、「使ってべんり」という基本的な視点が必要だと思います。

かんたんに応用が効く「泥臭さ」こそはビジネス書の原点でしょう。

垢抜けない本ですから、ミリオンセラーはあまり期待できませんが、
底が割れるような失敗もないのがビジネス書のよいところ(だった)。

近頃は雑学ブームのようですが、ビジネス書は衒学のための本では
なく、使えてなんぼのもんだと思います。

知って行わざるは之すなわち知らざるなり。むしろ理論は知らなく
たってできるならばそれでいいという粗っぽさが、かつてのビジネ
ス書にはありました。

いっぺん企画面でも先祖がえりにしてみてはいかがかと思います。

■最後の口上

最後にもう一度、こんな雑な内容の文章を長らく愛読していただき
ました読者のかたがたにお礼を申し上げます。

通常休刊のあいさつでは、だいたい「いつかまた装いを新たにお目
にかかりたいと思います」とか、再開をにおわす文言で締めくくる
のですが、正直を鉄の編集方針とする本メルマガではそういう欺瞞
耕作は行いません。

たぶんもうお目にかかることはないだろうと思います。

ですがひょっとして、いくらかまともな情報が貯まって、さらに何
かの気まぐれで突然やる気になったら、いつかどこかで再開し、は
からずもお目にかかることがあるやもしれません。

その時、「あいつウソつきやがってまたやってんじゃないか」とい
われないように、わたしも定例のあいさつを述べさせていただきま
す。

いつかどかで、また装いを新たにお目にかかりたいと思います。
それではみなさま、さようなら。

出版界は、いまこの時もあなたの企画を待っています。

・・・せめて最後くらい誤植なしでいきたかったけどなあ・・・

………………………………………………………………………………
◆◇本多泰輔の出版プロデュースのご案内◇◆

メルマガで情報収集するのもいいけど、今すぐに出版に向けて行動
を起こしたい。そんなあなたの出版デビューを、本メルマガの編集
長・本多泰輔が全面的にバックアップさせて頂きます。

企画書のアドバイスから、出版社への持ち込み・交渉、出版デビュ
ーの実現まで。これまで数多くのコンサルタントが苦労して、失敗
しながら、多くの年月を費やしてきた道のりを、本多との二人三脚
で一気に解決しましょう。

>> http://www.keieido.net/publish.html <<

∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
《編集後記》
読者のみなさま、長い間ご購読いただきありがとうございました。

創刊号から3年間のバックナンバーはすべてこちらに掲載してあり
ます。本多さんの辛辣な?文章を読みたくなったら・・・いつでも
ご覧ください。
http://www.keieido.net/publish-mag.html

このメルマガですが、創刊当初からほとんど読者数が減らなかった
ですね。購読解除もせず、お付き合い戴いたマニアな読者の皆様に
感謝申し上げます。

このメルマガを参考にして下さって「出版に成功した!」という方
が一人でも多くいらっしゃれば幸せです。(発行者:樋笠)

◆‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥◇
発行:《株式会社コンサルジェント》http://www.consulgent.co.jp

〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-1-9 川名第二ビル6F
〒540-0036 大阪市中央区南本町2−1−1本町サザンビル 8F
★出版に関するお問合せ: http://www.keieido.net/inquiry.html

※本メールマガジンの著作権は発行者・執筆者に帰属し、無断転載
することを禁止します。※同僚・知人へのご紹介・転送歓迎します
◆‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥◇
このマガジンは[まぐまぐ] http://www.mag2.com/を利用して発行
しています。配信停止は http://www.mag2.com/m/0000146671.htm
◇‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥◆


このメールマガジンについて

これからビジネス本を出版したいコンサルタントのためのメルマガです。出版デビューから手堅く売れるロングセラー企画の作り方、出版社への持ち込み方、交渉術を業界30年のベテラン編集者が伝授します。【最新号を読む】
powered byまぐまぐ

メールマガジンの登録(無料)

ご登録は下のフォームから簡単にできます↓

メルマガ購読・解除
読者購読規約
 

<PR>