メールマガジン

トップページ > メールマガジン「コンサル出版!」 > バックナンバー > 第158号

コンサル出版フォーラム〜本はあなたをメジャーにする!

◇‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥◆
コンサル出版フォーラム〜本はあなたをメジャーにする!
第158号【09/03/09】

他誌では読めない業界マル秘情報を満載!
コンサルタントの出版を応援するメールマガジン
◇‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥◆

《PR》【本多泰輔の出版セミナー、3/12(木)いよいよ今週!】

この「コンサル出版メルマガ」の編集長、本多泰輔氏のビジネス出
版セミナーが開催決定しました!ビジネス出版社OBで現在は出版プ
ロデュースを手掛ける本多氏による初の出版指南セミナーです。

●3月12日(木)15:00〜17:30/東京千代田区にて

▼▽▼▽詳細&お申し込み▼▽▼▽
http://www.keieido.net/publish0312.html

∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴

《今週のCONTENTS》

1.『いよいよ今週3/12(木)、初のセミナーを開催!』

………………………………………………………………………………

まるで連載が復活したかのような頻度で発行しております。
本多泰輔です。

いや、連載再開ではなくて、セミナー案内のためにせっせと書いて
いるのですね。おわかりでしょうけど。

さて、前回に世の中いろんなことがあるもので・・・、と書きまし
たが、本当にいろんなことがあります。

先々週の木曜、ビジネス書の中堅、というよりいまはもう上位の出
版社、中経出版が角川グループの傘下入りが発表されました。角川
ホールディングスによる全株式買収です。年商40億、経常4億の
会社なので、角川ホールディングスとしてもよいお買い物だったん
でしょう。いくらで買ったかは秘密だそうです。

株式交換だったんじゃないの、と思うんですけどね。常識的には。

さて、これによって角川グループが、ビジネス書に本格参入してく
るかというと、そりゃちょっとどうでしょうねえ、と思います。

角川自体はカルチャー、ノベルスでやってるわけですから、一気に
読者年齢が10歳以上上がるビジネス書は、ちと手に余るんではない
でしょうか。

中経出版は、昨年傘下に「歴史読本」の新人物往来社を収めてまし
たから、この二社をてこに高年齢の読者を獲得する、というような
ことはニュースリリースにありましたが、獲得してどうすんのかは
書いてありませんでした。

不況になると、大手はビジネス書を出し始めると書きましたが、徳
間書店も講談社Bizもあんまり目立った動きがないのに、ビジネ
ス書の版元を丸ごと買っちゃうなんてところまでは考えてませんで
した。予想外です。

また業績順調の会社が、身売りしちゃうというのも予想外でした。

でも一番驚いたのは角川が月次決算をやってるらしいこと。出版社
でそこまできちんと経営しているなんて・・・。

小資本が特徴の業界といわれてましたが、もはや弱小出版社では生
き残れない、中堅といえどもなかなか一本ではやっていけない時代
になったのでしょうか。この先もどんどん業界再編が進むのかもし
れません。

それ以前に、なんかもう斜陽産業なのかなあ、って気もします。

そんな黄昏のビギンたる出版業界をさらに追い討ちをかけるように、
週刊誌が負けっぱなしです。

いや、広告が入らないという話しではなくて、裁判です。

「週刊現代」が報じた一連の大相撲の八百長疑惑のうち、北の湖前
相撲協会理事長が講談社を名誉損等で提訴していた裁判が、東京地
裁で講談社側の敗訴、「ほとんど裏づけ取材をしていない」とまで、
たぶん尋問はしても取材なんてしたことがないであろう裁判長に言
われてしまっています。

しかも損害賠償額は1,540万円!破格です。

当然、講談社は控訴するでしょうから、まだ決着がついたわけでは
ありませんけど、いままで週刊誌の名誉毀損で損害賠償が1千万を
超えることは、あまり聞いたことがない(実際にはあったのかもし
れませんが)ので、ちょっと驚きです。

「週刊現代」としては、この裁判ネタで10万部くらい部数を増やさ
ないといけませんね。

「週刊現代」だけではありません。最近の雑誌の負けっぷりは、な
んかもう司法に恨まれることしたのか、ってえくらいボロ負けです。
1千万を超えるような損害賠償額はめったにありませんが、だいた
い損害賠償額500万円くらいだったら、もうそれは完敗だったとい
うことのようです。

そのときの裁判官の決まり文句が「裏づけ取材の不足」、ところが
これは世間もそう思っている節がありますよね。

しょせん週刊誌なんて、あることないこと適当に書いているんだろ
うって感覚です。つまり下品なメディアであると。

でもね、週刊誌の存在意義ってのもそこらへんにあるんじゃないか
と思うわけですよ、わたしは。さても厳しい時代です。

■「本格的なビジネス書」の時代か

一方、ビジネス書の読者にも少々変化が。
女性の読者が増えましたよね。

昔はビジネス書の読者は、もう男性だけでした。一部、マナーや接
客のジャンルで女性読者もいましたが、ほぼ大和出版で間に合って
いました。いまそれが激増したというわけではありませんが、徐々
に割合を増やしているようです。

その表れが「勝間和代現象」ではないかと思っています。

こうやって見ると、ビジネス書を取り巻く環境はそんなに悪くない
ですね。角川グループが手を出すのもむべなるかな。

そろそろ骨太のビジネス書、ビジネス書らしいビジネス書が欲しい
ところです。ここのところ一般書みたいなビジネス書やビジネス書
みたいな一般書ばかりが増えていましたが、その特徴は「読み物と
してのビジネス書」、なんとなくわかったような勉強したような気
になって終り。

それはそれでけっこうなのですが、やはり「役に立ってなんぼ」が
ビジネス書本来のレイゾンデートル。そろそろ本当に役に立つビジ
ネス書の登場が待たれるところです。

ということでまたセミナーのご案内です。
開催間近!

………………………………………………………………………………

◎本多泰輔の出版セミナー(3/12木曜 15:00〜17:30 東京)

http://www.keieido.net/publish0312.html

メルマガ「コンサル出版フォーラム」で
3年間にわたってコラムを執筆し続けた謎の編集長、ついに登場!

現在、公式には休刊中のこのメルマガ「コンサル出版フォーラム」。

その編集長として、ビジネス出版社OBならではのインサイダー情報
や毒舌を披露してきた編集者、本多泰輔が、このたび出版指南セミ
ナーをこっそりと開催することになりました。

会場の都合で、定員は10名限定。
(おかげさまで7名まで埋まりました)。

これからビジネス書を出したい、2冊目・3冊目を狙いたい、とい
う方には、きっとご参考になる内容だと思います。

残り席あと3名で締め切りますので、ご興味ある方は、ぜひ直ちに
お申し込みください。

<予定内容>
1.出版の効果
・通常の出版と自費出版の違い
・著書があるとよいこと

2.なぜ本を出そうと思ったのですか?
・著者と出版社ですれ違う「出したい本」
・持ち込み原稿の運命
・あなたに向いた出版社
・読者と編集者もすれ違う

3.編集者の病、著者の病
・売れない本をつくりたがる編集者
・原稿が書けなくなる著者

4.当世ビジネス書出版事情
・何部売れたらベストセラーか
・せちがらい印税の傾向
・点数増加で部数は減少
・文庫、新書は著者にとって有利か
・本が出来あがるまでの期間

5.企画書の書きかた
・枚数に制限はないが、見られるのは最初の一枚
・お断りの常套句
・出版社と著者の関係は
・編集者の理解力
・出版が決まるまでの経緯
・書店に行ったら奥付を見よう
・不況はチャンス?

6.出版社をどうやって落とすか
・刊行スケジュールのエアポケット
・編集の中で拮抗するベストセラーと堅実性
・企画の穴と出版傾向
・どうやって編集者と接触するか
・あなたの出会う編集者はこんな人

7.なぜあの人は次から次へと本が出せるのか
・分業のすすめ
・自分で書いてたら年間3冊出せない?
・読者は編集者より賢い

※当日の講演内容は一部変更になる可能性もございます。

◆開催日時
3月12日(木)大安  15:00〜17:30
(開場14:30)

◆場所
ちよだプラットフォームスクエア 5階503会議室にて

◆対象
ビジネス書の分野での著者デビュー、出版を目指していらっしゃる
方。(とくにコンサルタントや研修講師の方、歓迎します)

◆定員
10名 ※先着順に受付

◆会費
10,000円

◆お申し込みフォーム
http://www.keieido.net/publish0312.html

<受講者特典!>

出版企画書をご準備できる方には、本多氏より、内容に対してコメ
ント・アドバイスをさせていただきます。また有望な企画につきま
しては、ご希望に応じて出版実現に向けた支援(プロデュース)を
させていただきます。

《このメルマガのバックナンバーはこちら》
http://www.keieido.net/publish-mag.html

∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
《編集後記》
本多さんはメルマガだけでいいかなぁ、とお考えの方もいらっしゃ
るかもしれませんが、直接知り合いになると、出版の裏事情を含め
いろいろ教えてくれる、得難い人になるかもしれません。ご興味あ
る方は、ぜひ勇気をふるってお申し込みください。(発行者:樋笠)


◆‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥◇
発行:《株式会社コンサルジェント》http://www.consulgent.co.jp

〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-1-9 川名第二ビル6F
〒540-0036 大阪市中央区南本町2−1−1本町サザンビル 8F
★出版に関するお問合せ: http://www.keieido.net/inquiry.html

※本メールマガジンの著作権は発行者・執筆者に帰属し、無断転載
することを禁止します。※同僚・知人へのご紹介・転送歓迎します
◆‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥◇
このマガジンは[まぐまぐ] http://www.mag2.com/を利用して発行
しています。配信停止は http://www.mag2.com/m/0000146671.htm
◇‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥◆


このメールマガジンについて

これからビジネス本を出版したいコンサルタントのためのメルマガです。出版デビューから手堅く売れるロングセラー企画の作り方、出版社への持ち込み方、交渉術を業界30年のベテラン編集者が伝授します。【最新号を読む】
powered byまぐまぐ

メールマガジンの登録(無料)

ご登録は下のフォームから簡単にできます↓

メルマガ購読・解除
読者購読規約
 

<PR>