メールマガジン

トップページ > メールマガジン「コンサル出版!」 > バックナンバー > 第160号

コンサル出版フォーラム〜本はあなたをメジャーにする!

◇‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥◆
コンサル出版フォーラム〜本はあなたをメジャーにする!
第160号【09/08/31】

他誌では読めない業界マル秘情報を満載!
コンサルタントの出版を応援するメールマガジン
◇‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥◆

《PR》
「経営堂」運営会社・コンサルジェント代表が直接指導する、
【経営コンサルタント独立開業講座】

経営コンサルタントを開業しよう、独立起業しようという方の為の
「経営コンサルタント独立開業」のノウハウをぎゅっと凝縮した、
ワークショップ型講座。10月より第7期スタート!(少数限定)

コンサルティング会社として日々、仕事を獲得して、経営していく
実践的な知識や情報を【1万9800円×4ヶ月】で取得できます!

▼▽詳細はこちらから▽▼
http://www.keieido.net/kaigyo.html

∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴

《今週のCONTENTS》

1.『真夏でも寒い出版界の現状』

2.今週のおすすめ公開セミナー/主催:キャプラン株式会社
  政権交代に対応『派遣先指揮命令者ための派遣法対策セミナー』

………………………………………………………………………………

総選挙、このメルマガが配信されるときには、もう結果が出ている
わけです。

たぶん、大方の予想とそう違わない結果だろうと思いますけど、ど
うなんでしょうね。

若者は、新聞は読まない、雑誌は読まない、広告は見ない、車は買
わない、そもそも免許をとらない、旅行しない、酒も飲まないよう
ですが、投票には行ったんでしょうか。

と、投票日の3日前に総選挙の話題に触れる、本多泰輔です。
今月は2回も登場です。ヒマだからでしょうか。

もうすっかり秋ですね。

残暑お見舞いというのも間が抜けた感じがいたします。
そもそも今年夏があったのかという印象です。

どうも、政権交代が起きても、出版界に何か新しいことが起きる気
配はありません。

小泉元首相のように、首相の一言で『信長の棺』や『鈍感力』のよ
うなベストセラーが生まれればいいんですが、次の総理が読書家な
のかどうかわかりませんし、仮に読書家だとしても小泉首相みたい
な人気がなければ、読んでもらってもね。

現総理は、ビジネス書を「大人買い」してましたけど、別に売れ行
きに影響ありませんでしたし。

■真夏でも寒い出版界の現状

縮み指向なのか縮み思考なのか、やってることも考えてることも、
両方ともすこし悲観的過ぎますね。

世間一般の傾向ですが、出版界は別の事情で縮み指向でした。この
傾向は、出版社だけではなく、取次ぎも書店も同様だったと思いま
す。

雑誌は広告が落ちて著しい収入減、書籍もこれがいいというものが
ありませんし、「内食」が増えて、カンタンレシピとかお弁当の本
は売れてるみたいですが、ベースとしては小さいですね。

縮み指向もむべなるかな。

ちなみに、わたしの知り合いの東大阪の会社は、お弁当箱が売れて
喜んでいました。お弁当箱市場というのは、意外にすそ野が広くて、
石川県の輪島塗の産地の会社でもお弁当箱をつくってましたね。

こちらも売れてるんでしょうか。
こんど様子を聞いてみたいと思います。

大手取次ぎの情報だと、昨年度のビジネス書の総出荷数は、一昨年
に対し50%減だったそうです。

えっ!ホントですか?って感じですけど、どうやらウソではないみ
たいです。

どの本をビジネス書にカウントするかは、会社によって違うのです
が、とにかく同じカテゴリーで、出荷数の昨対が50%というのは、
縮みすぎです。

『1Q84』は、「第一四半期、昨対84%」と思ってた人がいま
したけど、それなら全然いいほうですよね。出荷総数50%なんて、
トヨタだってそこまで落ちていません。

つまり、50%ということは、発行部数を伸ばした出版社の倍ほど
は、発行部数を激減させた出版社があったということで、そりゃ草
思社も倒れてしまうわなと思います。

総出荷量だから、売上とイコールではありませんが、出荷されなき
ゃ売上も立ちませんから当然、売上だって落ち込んでいるはずです。

いくら著者の印税を値切り、印刷屋さんを泣かせ(最近は自ら泣き
たがるM気のつよい会社も多いですが)、社員の給与を据え置いた
としても収支は悪化します。

とても、それでなんとかなる状況ではありません。
これだけ寒ければ、暑中見舞いはいりませんよね。

■高くなりすぎた返品率の反動

実は、大手取次ぎというのは2社ありまして、上記の数字はそのう
ちの1社の話であります。もう1社はどうかというと、まだ確認で
きていませんが、無論よくはないと思いますが、想像するに上記の
数字ほど惨憺たるものではなかろうと思います。

なぜかというと、後の1社は、前の会社ほど、状況に対応するスピ
ードが早くないからです。

2、3年前まで、文庫、新書の新刊ブームがありました。また、書
店も出版社も新刊重視の姿勢を強め、既刊本を多品種少量で売って
いた出版社でも、新刊の瞬発力に頼らざるを得ず、方向転換してい
きました。

総売上は横ばいなのに、新刊の発行点数は毎年伸びる、そういう時
代が続きました。このメルマガでも何度か書いたことです。

結果、あまりにも新刊の発行ペースが上がり、当然ながら書店の数
も売り場面積は広がりませんから、新刊1点あたりの寿命はどんど
ん短くなってしまいました。

つまり、本によっては、書店に着いたとたんに返品という、実に哀
しく過酷な運命の本が増え、お情けで店頭に並んだ本も、次々と出
てくる新刊に押され、1週間も経たないうちに、棚さしに2部ほど
残してバックヤード行き、そして返品という生涯です。

もし、本が口をきけたら抗議のひとつも出るところでしょう。

送り出した本が返ってくるのは、取次ぎとしてもコスト増になりま
す。できれば、一度出荷した本は、きちんと読者に買い取ってもら
いたい。

しかし、現実は40%の真ん中から後ろのあたりで返品率がうろう
ろしているので、取次ぎとしても、あんまり新刊本が次々と出てき
てもらっても困る。出すなら売れる本だけにしてくれ。

そのため、取次ぎでもデータ管理が進んでいるところでは、どんな
本が売れるのかを調べ、売れそうもないものは市場に出す量を制限
しようと、そういう動きを始めました。

理屈としては、間違ってないのですが、いかにシステムの精度が高
かろうと、データを入力するのは人間で、システムの成績は、どの
データが蓋然性の高いものかを見分ける人間の能力で決まってしま
います。

動機が、返品率を下げたい、だったわけなので、選ぶデータもそう
いう傾向になり、返品を避けるために、出すものを縮小するという、
いわば縮み指向になってしまったわけです。

その結果、前年比50%まで出荷量が下がってしまいました。

取次ぎ大手のもう1社のほうは、そこまでシステムが出来てません
ので、たぶん50%も落してないだろうと思います。

■反動の反動

こういう振り子の現象は、どこでもあることです。
推測ですが、ビジネス書でも硬派の書籍と書店営業をあまりしない
ところが、取次ぎの制限による強く影響を受けただろうと思います。

書店営業の強いところは、川下からの注文で取次ぎを動かしますし、
取次ぎが売れ筋と見るものは、実際に動いているもの、つまり、自
己啓発ものとか、まあ柔らかめのものになりますから、そういう出
版傾向の会社も影響は少なかったろうと思います。

書店営業をしない、取り次ぎまかせのところ、まあ取り次ぎ営業し
かしない大手出版社か、そもそも営業がいない弱小出版社ですが、
そこらへんは困ったことになっているのではないかと思います。

しかし、締めてみたら50%減というのは、取次ぎもびっくりの数
字で、これではダイエットのし過ぎで健康に悪い、あまりに絞りす
ぎたというのが現状の認識で、今後は方向を積極指向に転換するよ
うです。

来年当たりは、またダンボールの原材料が増えることになり、順調
に経済が回復している中国はダンボールの値段が下がって喜ぶでし
ょう。

書店に置かなきゃ売れないと返品を増やすなは、出版社の中で常に
拮抗することで、両者を満たすのは、ベストセラーだけなんですが、
ベストセラーも置きすぎると、べらぼうな量を返品が返ってきます
からね。

ベストセラーを出した翌年、資金繰りが悪くなって借金する出版社
は多いです。そういうわけで、しばらくの間は振り子は積極拡大の
ほうへ振れています。

秋口はまだ縮み指向の冷気が残っていますので、あまり動きはない
でしょうが、来年あたりは、また、出版のチャンスが増えるんじゃ
ないかと思います。

いまから仕込んでおけば、いいタイミングじゃないでしょうか。

《このメルマガのバックナンバーはこちら》
http://www.keieido.net/publish-mag.html

………………………………………………………………………………
◆◇今週のおすすめセミナー/主催:キャプラン株式会社◇◆

『派遣先指揮命令者ための“派遣法対策セミナー”』
http://www.keieido.net/caplan/02.html

〜実際に職場で派遣社員を使用される方向けに
派遣法の理解を深めていただける研修をご用意しました!〜

一般労働者派遣の職種は、「政令26業務」と「自由化業務」に分け
られ、各々派遣受入可能期間が異なります。

労働者派遣法には細かな規定があり、派遣社員を受け入れる企業の
担当者はそれらを理解しなければなりません。現在の契約が適切か
どうか不安、法令順守のために労働者派遣法のポイントを知りたい、
などとお考えの皆様、労働者派遣法に関する不安を解消し、安心し
て労働者派遣を活用していただくために、是非研修をご実施下さい。

派遣社員を受け入れている企業はもちろん、受け入れを検討してい
る企業の方々にも広く、実践的で適切な派遣活用法をご理解いただ
き、健全な労働者派遣の活用のお手伝いをさせて頂ければ幸いです。

【セミナープログラム 】
「行政の動き」「労働力需給調整」「使用責任」「偽装請負とは」
「景気の悪化と派遣」「派遣契約の業務」「今後の法改正の動き」

!!政権交代での派遣法改正の動きをタイムリーにご紹介します!!

●日時:2009年9月18日(金)
【午前の部】10:00〜13:00【午後の部】14:00〜17:00

●場所:コンフォート(外苑前駅より徒歩3分)
●費用:14,700円(税込/1名様) ※2名様以上、複数申込割引あり
●対象:派遣先指揮命令者、派遣先ご担当、人事・総務ご担当者
●講師:石野 琢也氏(キャプラン契約講師)

▽▼詳細&お申し込みはこちらから▼▽
http://www.keieido.net/caplan/02.html

∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
《編集後記》
総選挙から一夜明けた東京は雨。8月の終わり。いろいろと変わり
目を感じますね・・・。(発行者:樋笠)

◆‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥◇
発行:《株式会社コンサルジェント》http://www.consulgent.co.jp

〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-1-9 川名第二ビル6F
〒540-0036 大阪市中央区南本町2−1−1本町サザンビル 8F
★出版に関するお問合せ: http://www.keieido.net/inquiry.html

※本メールマガジンの著作権は発行者・執筆者に帰属し、無断転載
することを禁止します。※同僚・知人へのご紹介・転送歓迎します
◆‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥◇
このマガジンは[まぐまぐ] http://www.mag2.com/を利用して発行
しています。配信停止は http://www.mag2.com/m/0000146671.htm
◇‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥◆


このメールマガジンについて

これからビジネス本を出版したいコンサルタントのためのメルマガです。出版デビューから手堅く売れるロングセラー企画の作り方、出版社への持ち込み方、交渉術を業界30年のベテラン編集者が伝授します。【最新号を読む】
powered byまぐまぐ

メールマガジンの登録(無料)

ご登録は下のフォームから簡単にできます↓

メルマガ購読・解除
読者購読規約
 

<PR>