メールマガジン

トップページ > メールマガジン「コンサル出版!」 > バックナンバー > 第165号

コンサル出版フォーラム〜本はあなたをメジャーにする!

◇‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥◆
コンサル出版フォーラム〜本はあなたをメジャーにする!
第165号【09/11/23】

他誌では読めない業界マル秘情報を満載!
コンサルタントの出版を応援するメールマガジン
◇‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥◆

《PR》  本多泰輔氏の新メールマガジン創刊のお知らせ

【講演の技術!〜セミナー講演の企画・運営者向けノウハウ】

講演やセミナーを行う講師・コンサルタント・主催者様向けに、講
演のスキルアップを目的とし、また講演の達人になって頂くことを
テーマに発行するメールマガジンです。講演の運営実績二千回を超
える業界事情通・本多氏がセミナー・講演会の成功失敗を分けるも
のは一体なんなのか、そして講演でやってはいけないことなどを読
者だけにこっそり伝授致します。是非ご登録下さい!(無料/月刊)

★ご登録はこちら→ http://www.mag2.com/m/0001040300.html

∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴

《今週のCONTENTS》

1.『思いつきが本になる』

2.今週のおすすめ情報
      「仕出し弁当:銀座・萌黄亭(もえぎてい)のご案内」

………………………………………………………………………………

こんにちは。

先日、ある人と新宿歌舞伎町で飲んでおりましたら、西武新宿駅か
ら100メートルと離れていない店なのに、客がわたしたちしかい
ないという現象の遭遇いたしました。まだ9時(もちろん午後ので
す)過ぎだというのに。

店の人は、別に珍しいことでもない風な様子で、最近は土曜日だけ
は3時までやっているけど、それ以外は早めに店じまいするとか。
あの歌舞伎町でもそのような状態なのですね。

このところ新宿は通過することが多かったので、やはり頻繁に行か
なければ情勢判断に劣るようになると痛感した、今日この頃の本多
泰輔です。

映画「沈まぬ太陽」が、3時間10分という大作ながら、ヒットし
ているようです。角川グループ各社のみなさま、おめでとうござい
ます。歌舞伎町でいっしょに飲んでた人も「見た」と言ってました。
出張先で見たそうです。

出張先で、3時間10分も時間があるなら、もっと仕事するか、さ
っさと帰ればいいのにと思いましたが、そうは言わずに、文化度が
高いと感心したふりをしつつ、日航の再建問題もあって観客動員に
つながったのだろうね、などとぼんやりした感想を語っていると、
もう一人の人が「えっ!あの映画は日航がモデルだったの?」と思
わぬ方向から発言。

こういう人もいるのですから、JALは執拗に映画の中止など求め
ず、静かにしていれば映画もここまでヒットしなかったかもしれま
せん。JALは、なんかやることが裏目裏目に出てますね。間が悪
いときというのはそういうもんですけど。

お世話になった会社がJALの仕事をしているので、JALはどう
なってもいいのですが、旅客も貨物も飛行機だけはちゃんと飛ばし
て欲しいと思っています。

ところで、映画「沈まぬ太陽」の感想で一番面白かったのは、元日
航職員の人が語ったという「映画は事実に反するところも多い。も
し、本当に恩地のような男が一人でもいたなら、会社はあそこまで
ひどくはならなかった」というコメントでした。

日航もOBはけっこうウィットが効いてますな。

■どんなテーマが売れるやら

今月は2週続けてプロデュースした本が出たのですが、いずこの版
元も慎重路線ですね。

まあ、別に冒険して欲しいとは露ほども思いませんけど、あつもの
に懲りてといっても、あつかったのはもうだいぶ昔のことなんだか
ら、いつまで昔のことを憶えているんだよ、いいかげん忘れてもい
いんじゃないの、という気がします。

とはいえ、出版社の倒産は多いし、だいたいつぶれたのは冒険的出
版をしていたところが多かったですから、もって他山の石としてい
るのかもしれません。ま、しかたありません。

しかし、刷らなきゃ売れないのが本ですから、そんな状況では印税
も渋いわけで、本が出て行かないことにはプロデュース業も干上が
ってしまいますので、なんとか数を出すべく日夜、というか夜は歌
舞伎町にも行かなくてはなりませんので、もっぱら昼間に呻吟して
いるわけです。

で、ま、いろいろと思いつきで企画をあげるのですが、自分で書け
るわけじゃないので、どこかに書ける人はいないかと目を配ってい
るのですが、諸般の事情で渡りに船というのはなかなかありません。

いま、こういうテーマが書ける人がいないかなあと思っているのを
ざっとあげると、

1.『在庫はこうして増えていく!』
2.『情報鑑定力』
3.『会話が下手だと思ったら読む本』
4.『自分の中の鏡を磨く技術』
5.『社会人基礎力をつける本』
6.『生涯デフレの時代に生まれた人のライフプラン』

てなところですか。いかにも思いつきっぽいものばかりですが。

■思いつきが本になることはけっこう多い

そうはいっても、いままでプロデュースした本は、すべてはないで
すが、ほとんど思いつきのテーマでしたから、私自身思いつきで生
きてるようなものです。

それぞれちょっとだけ説明を加えます。

(1)の在庫管理の本は、類書がたくさんありますけど、在庫が増
えていく原因をシステム寄りから、組織の人間寄りに捉えてみたい、
つまり社長の企画だから捨てられない本みたいなものが、たぶんほ
かの業界にもあるんだろう、という発想からスタートしています。

ほかにも上司と取引先の人間関係とか、上司の面子とか、俎上に上
げると藪蛇になるからといつの間にかアンタッチャブルな在庫にな
ってしまうものというのが、組織にはきっとあるんだろうなという
推測から、そのへんに切り込んでみたいという思いつきです。

在庫は結局人が増やしていると。

格別、珍しいテーマでもないので、光る実例があるかどうかが鍵な
のだろうと思います。難点は、いま在庫が増えるような経済状況で
はないので、すぐに出るタイミングではないということですね。

(2)の情報鑑定力は、まあ、そのままです。
ネット上に氾濫する情報の真贋を見分ける技術といいましょうか。

だいぶ前からの思いつきなんですが、なかなか著者にめぐり合いま
せんね。この本が出ていたら結婚詐欺で犠牲になった人も救われた
かもしれません。

(3)は、もうどこかの出版社でやっているかもしれません。とい
うか、やってるでしょう。類書はすでにたくさん出ていますから。

本企画からして、お分かりのとおりすばる舎のパクリです。これは
もう早い者勝ち、すでに遅いかも知れません。出尽くす前に出して
逃げ切った人の勝利ですね。

(4)は、いわゆる自己啓発書です。絵画の初心者は、人物画を描
いていくと、次第にモデルの姿形から離れどんどん自分に似て来る
ということがあります。

人は自分に似せてものを見る。いったん自分の中の鏡に映った形が
外の世界と見ているのです。したがって鏡にゆがみやくもりがあれ
ば、外界の認識も誤ったものになる。

なんか『鏡の法則』っぽいですが、あれから3年くらい経つし、そ
ろそろもう一回いけるんじゃないかという、柳の下のどじょうをね
らったものです。

■最後の企画はハイリスクハイリターン

(5)は、経産省お墨付きなのですが、いまいち世間の認知度が低
い「社会人基礎力」を、就活力アップの道具に仕立て上げようとい
う目論みです。

しかし肝心の企業が「社会人基礎力」に対し感度がよくないので、
企画者本人もどうなのかなあと思っています。

最後の(6)、生涯デフレ時代というのは、バブル崩壊後に生まれ
た人は、ひょっとすると一生インフレ経済を経験することがないか
も・・・、という思いつきからの発想です。

バブル前に生まれた人でも、もの心つくころにバブル崩壊していれ
ば、やはり一生をインフレの記憶なく終えることになるかもしれま
せん。

デフレ時代のライフプランというのは、類書がありますが資産運用
の本ばかりなので、切込みが浅い。しょせん金融商品への誘いです
から。

しかし、本企画では、もはや住宅ローンなど組んで家を買うの止め
よう、借金返済があれば競売でもかけて整理し、賃貸に住んでお金
を残せ、車もレンタカーでいい、という超ラディカルなライフプラ
ンを提案したいという衝動に駆られております。

生涯デフレならそのほうが得ですから(たぶん)。

これはひょっとすると相当売れるか、あるいは大顰蹙になるか、ど
ちらかだと思います。

そんなわけで、もし書けるよというかたがいらっしゃったらご一報
ください。

⇒発行者注:このメルマガへの返信もしくは下記ページの問い合わ
せフォームをお使い下さい。http://www.keieido.net/publish.html

《このメルマガのバックナンバーはこちら》
http://www.keieido.net/publish-mag.html

=============================================================
☆☆今週のおすすめ情報☆☆

仕出し弁当なら【銀座・萌黄亭─もえぎてい─】

「銀座・萌黄亭」の仕出し弁当は会議、行事等に喜んで頂いており
ます。ご予算に応じて食材のアレンジも可能で事前予約で24時間
いつでもお届け可能です(年中無休)。季節折々の素材を盛り込ん
だお弁当で価格の割にはボリューム感があり、見た目にも豪華です。

各企業様、官庁関係、ホール等、多くのお取引様からご注文頂いて
おり1日5000食まで製造可能で大口注文にも対応しております。

▼▽詳細はこちらです▽▼
http://www.moegitei.com/

∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
《編集後記》
弊社の東京オフィスは先週金曜日に引越ししました。三越前から、
八丁堀(宝町近く)です。もし今後、来社されるご用事のある方は、
くれぐれもお間違いないようご注意ください(発行者:樋笠)

追伸:電話番号も変わっています!
http://www.keieido.net/news16.html


◆‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥◇
発行:《株式会社コンサルジェント》http://www.consulgent.co.jp

〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-1-9 川名第二ビル6F
〒540-0036 大阪市中央区南本町2−1−1本町サザンビル 8F
★出版に関するお問合せ: http://www.keieido.net/inquiry.html

※本メールマガジンの著作権は発行者・執筆者に帰属し、無断転載
することを禁止します。※同僚・知人へのご紹介・転送歓迎します
◆‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥◇
このマガジンは[まぐまぐ] http://www.mag2.com/を利用して発行
しています。配信停止は http://www.mag2.com/m/0000146671.htm
◇‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥◆


このメールマガジンについて

これからビジネス本を出版したいコンサルタントのためのメルマガです。出版デビューから手堅く売れるロングセラー企画の作り方、出版社への持ち込み方、交渉術を業界30年のベテラン編集者が伝授します。【最新号を読む】
powered byまぐまぐ

メールマガジンの登録(無料)

ご登録は下のフォームから簡単にできます↓

メルマガ購読・解除
読者購読規約
 

<PR>