トップページ > メールマガジン「コンサル出版!」 > バックナンバー > 第185号

コンサル出版フォーラム〜本はあなたをメジャーにする!

◇‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥◆
コンサル出版フォーラム〜本はあなたをメジャーにする!
第185号【12/11/27】

他誌では読めない業界マル秘情報を満載!
コンサルタントの出版を応援するメールマガジン
◇‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥◆
《PR》
    【コンサル出版、2年ぶりのセミナー開催決定!】

 あのベストセラー・ビジネス出版社の社長が講師として登場!

 2013年2月13日(水曜日)午後 都内(千代田区)にて

 ◎詳細は⇒http://www.keieido.net/publish-seminar.html

∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴

《今週のCONTENTS》

1.『出版社は著者をどうやって探しているのか』

2.コンサル出版フォーラム主催
『ビジネス出版セミナー2013』2013年2月13日開催決定!

3.今週のおすすめビジネス手帳
「中村天風 成功手帳」2013年度版(日本経営合理化協会)

………………………………………………………………………………

「出版社は著者をどうやって探しているのか」

もうすぐ師走、みなさまいかがお過ごしでしょうか。3カ月のごぶ
さた、本多泰輔です。

まさかその師走に国政選挙があろうとは、夢にも思っていませんで
した。諸事に見通しが悪いのは昔からですが、ことに選挙がらみだ
とほぼ例がなく間違えます。

都知事も辞めるとは思いませんでしたし。

アメリカ大統領選は現職が勝利、中国のトップは交代、果たして次
の選挙で日本のトップは替わるのか、たぶん替わるでしょうね。

さて、意味のないイントロは短縮しまして本題です。

本メルマガ、スタートのころにやったテーマですが、もうだいぶ経
ちますので忘れてしまった方もいらっしゃるでしょう。

そこでもう一度、取り上げることにいたしました。そんなわけで本
メルマガ、しばらく継続して発行します。

■昔ながらの探しかた

出版社、実際に著者開拓を行っているのは編集部ですから、編集部
はどうやって著者を探しているかといいますと次の3つです。

1.書店(ネット書店を含む)で探す
2.だれかに紹介してもらう
3.書籍以外の媒体から探す

いまも昔も1と2が主力で、たぶん全体の9割を超えるのではない
かと思います。

メルマガ、ブログがスタートしたころは、ネットで著者探しという
のが増えましたが、いかにネットとはいえ、無尽蔵にけっこうなタ
レントが現れるわけではなく、やっぱり実績のある人のほうがとい
う具合に、著者探しは先祖がえりしたように見えます。

書店といってもリアル書店に脚を運ぶ人は減り、ネット書店を利用
する人が多くなったのは間違いありません。

基本は売れてる本の後を追いかけるのですから、テーマで絞り込め
ばネット書店のほうが類書は探しやすい。そうして何冊か実物を取
り寄せ読んでみて、さてどうするか判断するわけです。

この方法だと本を出していない人にはチャンスがやって来ない。
圧倒的に、本出した人のほうが著者になりやすい、本を出すために
最初の本が必要と言うのは難儀な話ですが事実です。

では、まだ1冊も著者がないという新人の本がヒットすることもあ
ります。出版社は著書のない人をどうやって探しているのか。
圧倒的に多いのが2の紹介です。

著者から紹介されることもありますし、印刷会社の人から紹介され
ることもありますし、実は他社から紹介されることもあります。
そういえば税務署から紹介されたこともありました。

要するに出版社周辺の関係者、ステークホルダーから縷々紹介を受
けるわけです。紹介されたからといって、必ず何か書いてもらうと
いうことはありませんけれども、紹介者とは頻繁に顔を会わす仲で
すから忘れられることはありません。

紹介者の顔を診るたび自然と機会があったらという意識になります。

■ネットは有効な手段か

著者がない、紹介者もいないという場合は、3のその他のメディア
で探すということになります。

実際、ほとんどの場合1と2で決着がついてしまいますが、そうは
うまく行かない時には他のメディア、つまり新聞、雑誌、テレビ、
ラジオ、講演会などを渉猟いたします。ほとんど有名人しか見つか
りませんが、たまに大学教授で意外に現場に詳しい人、狭い範囲で
活躍しているけど潜在能力のある人、そして極めて稀に埋もれた逸
材などに行き当たることがあります、

ただし、あまりにもメディアの数が多いので、見つけるほうも見け
られるほうも確率の低さは織り込んでおかなければいけません。

この他のメディアの範疇にネットも含まれるのですが、いまネット
で著者を探すという編集者はどのくらいいるのか、正直言うとよく
わかりません。

知る限りでは、ネットは著者探しのメディアというより情報の絞込
み、または確認で使っている(いままでどんな本を出している著者
なのか、あるいは著書はないがネット上に文章がある時はそれを読
んでみるなど)人しかいません。

それでも時々ブログから発掘したりしていますから、ネットが無効
ということはありません。ただ、ま、何かを探そうとするには数が
多すぎますね。

■もちこみ企画はどうなる

もちこみ企画、もちこみ原稿は3の次に位置します。3でもあまり
有力なポジションとは言えません。その次ですからこれはかなり厳
しい位置です。

もちこみが陽の目を見るのは、1%ないと思います。

陽の目を見ないと著書は出ない、著書が出ないと出版社者の目にと
まるチャンスがない、さりとて紹介してくれる人もいない、一体ど
うすりゃいいんだ! というわけでこのメルマガを始めたのですが、
実際のところすっきりとした解決策があるわけではありません。

せめて1%を1.2%くらいに上げる方法を模索するか、経済力で
近道をつくってしまうか、その辺はまた次の機会に。

《このメルマガのバックナンバーはこちら》
http://www.keieido.net/publish-mag.html?mgk121127

………………………………………………………………………………

◆お知らせ◆

2年ぶりに「出版セミナー」を開催します。
今回はダブルテーマで講師もダブルキャストで行います。

第1部は「いまビジネス書の出版社が求めている著者」で、中堅
ビジネス書出版社、ベストセラー『日本で一番大切にしたい会社』
の記憶が新しいあさ出版の佐藤社長にお話をいただく予定です。

第2部は「自費出版の効果と限界」で、実際に自費出版の現場に
いる日経BPコンサルティング・カスタム出版部の今野プロデュ
ーサーと安藤プロデューサーにリアルな情報を提供して頂く予定
です。

http://www.keieido.net/publish-seminar.html

コンサル出版フォーラム主催
『ビジネス出版セミナー 2013』

日 時 2013年2月13日水曜日13:20〜16:50
会 場 ちよだプラットホームスクエア(竹橋)
千代田区神田錦町3−21
講 師 第1部「いまビジネス書の出版社が求めている著者」
佐藤 和夫氏(あさ出版代表取締役)
第2部「自費出版の効果と限界」
今野旬一郎氏・安藤かおり氏(いずれも日経BPコンサ
ルティング・出版部プロデューサー)

参加費 10,000円(税込)※先着順に受付

第1部「いまビジネス書の出版社が求めている著者」の講師、あさ
出版の佐藤社長はビジネス書の出版に40年以上携わってこられ、
そして今日も第一線でご活躍中の、ビジネス書のことなら知らない
ことがない超ベテラン編集者です。

あさ出版の出版物には、ベストセラーとなった『日本で一番大切に
した会社』のほか、いま話題となっている『新幹線 おそうじの天
使たち』『夢に日付を! 夢をかなえる手帳術』など多くのヒット
作があります。

また、あさ出版は優れた新人著者を次々と発掘することで業界でも
定評のある、著者開拓型の出版社です。新人著者とは、過去に出版
の実績のない人のことを言います。

では、実際にどのようにして著者を探し出してるのか、どのような
規準で著者を選んでいるのか、編集現場のリアルなお話を期待した
いと思います。

さらに、持ち込み原稿や持ち込み企画の運命や出版社へのアプロー
チはどんな形がベストなのかなどなど、細かい情報もさることなが
ら、40数年にわたりビジネス書業界の中心にいた佐藤社長には、
これから著者と出版者の関係についても多くのサジェッションをい
ただけることと思います。

第2部の「自費出版の効果と限界」は、なぜ出版セミナーで自費出
版なのか、お金を払ってまで聞く話か、と訝しく思われるかもしれ
ません。

しかし、現実に企業家やコンサルタント、士業の人たちで自費出版
をしている人は多く、また、自費出版のお誘いを受けて迷っている
という人のお話もよくうかがいます。

自費出版といえど、いまや書店に流通するのが当たり前で、外形的
には通常の出版と区別がつきません。自費出版からベストセラーに
なるというのも一つや二つではなく、自費出版はすでに無視できな
い出版の形態となっています。

それなら、自費出版のメリット、デメリットについて、しっかりし
た情報をしっかりした人に提供してもらうことは重要であろうと、
信頼できる日経BPコンサルティングの今野プロデューサーと安藤プ
ロデューサーにお話いただくことといたしました。

通常の商業出版であれ、自費出版であれ、いかなる形の出版であろ
うと著者にとって最適であれば、それが最善の出版であるというこ
とは間違いありません。このセミナーでは、その点を追究してみた
いと考えています。(本多)

●お申し込みはこちらまで
http://www.keieido.net/publish-seminar.html

………………………………………………………………………………

☆☆今週のおすすめビジネス手帳☆☆

     天風師の珠玉の成功金言、至言177語を収録!

        「中村天風 成功手帳」2013年度版

「元気が出る手帳」と50万人以上に愛用されてきた絶賛の成功ダイ
アリー。天風師の珠玉の金言・至言177語を、365日持ち歩ける手帳
に収録。感動の教えに触れながら、力強く、明るく充実した日々を
みずから築く…。ご自身の愛用はもとより、社用、贈答に大好評。

★特別割引価格はこちら
http://www.jmca.net/books/seikot/ad.php?&id=109

∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
《編集後記》
かろうじて廃刊を免れるペースで発行を続けるコンサル出版フォー
ラムメルマガですが、このたび、2年ぶりの出版セミナー開催が決
定しました!過去にもセミナー参加者から数多くの著者を輩出して
いるセミナーです。すべて本多さんのプロデュースという訳ではな
いんですが、それだけ意識の高い方が参加されている証拠だと思い
ます。来年こそは出版、という方はぜひご参加を!(発行者:樋笠)


◆‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥◇
発行:《株式会社コンサルジェント》http://www.consulgent.co.jp

〒106-0044 東京都港区東麻布2−6−5タトルビル1F
〒540-0036 大阪市中央区南本町2−1−1本町サザンビル 8F
★出版に関するお問合せ: http://www.keieido.net/inquiry.html

※本メールマガジンの著作権は発行者・執筆者に帰属し、無断転載
することを禁止します。※同僚・知人へのご紹介・転送歓迎します
◆‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥◇
このマガジンは[まぐまぐ] http://www.mag2.com/を利用して発行
しています。配信停止は http://www.mag2.com/m/0000146671.htm
◇‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥◆


このメールマガジンについて

これからビジネス本を出版したいコンサルタントのためのメルマガです。出版デビューから手堅く売れるロングセラー企画の作り方、出版社への持ち込み方、交渉術を業界30年のベテラン編集者が伝授します。【最新号を読む】
powered byまぐまぐ

メールマガジンの登録(無料)

ご登録は下のフォームから簡単にできます↓

メルマガ購読・解除
読者購読規約
 

<PR>