メールマガジン

トップページ > メールマガジン > バックナンバー > 623号

経営革新!−100人のコンサルが語る事業成功の秘訣

 

∽∽‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥∽∽
◆◇◆◇                          
◇◆◇ 経営革新!100人のコンサルが語る事業成功の秘訣 ◇
◆◇             第623号【13/05/29】  ◇◆
◇                          ◇◆◇
                          ◇◆◇◆
∽∽‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥∽∽
《PR》
         年商100億突破のために必要な
         営業組織マネジメントとは!?

年商100億を突破させ中小企業からの脱皮を40年支援し続けてきた
サイエスのチーフコンサルタントが語る『強い営業組織の創り方』

2013年6月20日(木) 16:15〜18:00 東京都内(四谷)にて開催

★メルマガ読者様:先着5名様を通常2,000円⇒特別無料ご招待!
詳細・お申込み⇒http://www.keieido.net/seminar-t/cons12.html

=============================================================

《今日のCONTENTS》

1.『関西のコンサルタント業界事情』(第14回)
〜品質とイノベーションの両立が求められている〜廣川 智彦

2.「経営堂」サイト/5月度・新着コンサルタント紹介!

3.今週のおすすめビジネス書
『住宅営業の教科書』著者:加藤正彦

4.今週のおすすめDVD 出演:中野啓子
『規制に負けない!インターネット広告表現(DVD)』

=============================================================

こんにちは!!コンサルジェント西日本担当の廣川です!

すっかり暖かくなって来ましたですね。ただ、朝晩は油断すると、
少し寒くなったりで意外に風邪をひいたりしている人も多いようで
すので、ちょっと注意が居るかもしれませんね。

さて、やっぱり気になるアベノミクス政策です。株価は上がり、円
安傾向という事で国内製造業が一息ついているとの見方も有り、実
際に今期のトヨタなど、自動車業界は非常に経常利益を押し上げて
いると報道され、調子が良いようです。

(※懸念されるのは国債などの金利上昇傾向との事ですが、暴騰す
ると日本政府の財政が非常に悪くなるというリスクを相当含んでい
ると言われ、実は中期的に非常に 問題がある様ですが・・・)

一方で、電機産業も少しは良くなっているようですがまだ足取りは
弱そうです。重電系の日立、東芝などは良いようですが、家電系の
パナソニック、ソニー、シャープ、富士通などは変わらず厳しい状
況のようです。

自動車業界と電機業界の差には、海外生産比率の違いも有る様で、
やはり自動車業界の方が海外生産が進んでいます。それと、いわゆ
る製品のコモディティ化が家電の方が進んでしまっているという事
も大きな要因と言われていますね。いずれにしても、自動車業界の
方が円高状態でも利益が出やすい体質を早く整えていて、円安効果
が利益に直結しているという構造かと思われます。

この状態について、マスコミや世論調査で安倍政権の評価は概ね高
いようですが皆様はどうお感じでしょうか?

私個人としては、株価が高い事で、企業の財務状況は良い方向にな
りますし、円安傾向は日本の高い付加価値の肝になる輸出型製造業
をバックアップする効果があると思いますので良い面は認めますが、
何か土台に不安定さを感じています。国内需要への適切な対策が見
えない方向で行けば、いわゆる格差を産む方向性であるという事が
気になります。

格差を産む方向性とは、つまり、中小企業や中小企業に勤める会社
員の給料が上がらない〜日本内需に直結する中間所得層の可処分所
得が上がらない、という状況に有ると思われます。

安倍政権首脳も、給料を上げてね!!なんて言ってましたが、今の
ところ殆ど無いですし、一部の大手企業のみ(ローソン等)という
状況です。

株価が上がって喜ぶのは証券会社とお金持ち、円安で儲かるのは大
手企業で、下請け会社はそのおこぼれを時間差でもらいますが、大
企業は世界的な変化が大きいリスクのヘッジで、(下請けの利益率
が大きく上がる事なく)、内部留保や配当に回すという状況になっ
ています。

いつか来た道、小泉政権のミニ円安輸出増バブルと同じじゃん!み
たいな事にならないようにして欲しいというのが本音です。

この辺のリスクについて アベノミクスは歴史を学んでいない、と
いう東洋経済さんの記事がありましたので、ご興味ある方はご参照
下さい! http://toyokeizai.net/articles/-/13167

※こちらの記事には、小泉政権で好景気でも給与が上がらず、日本
の土台が相対的に弱くなってしまった事と、円安で大企業だけ守る
政策の結果、一般庶民が本当に苦しんでいる韓国の状況を学ぶべき
という内容が載っています。

上記の続きで、更にいいますと、最悪のシナリオは、給与が上がら
ず、物価だけ上昇し、追い打ちで消費税は物価上昇2%達成しまし
た〜と上げられたら・・・消費税で国家財政はよくなると思いきや
国債金利が上昇し過ぎて、結果的に相殺してしまう・・・という事
になったら本当に最悪ですよね。

おまけにTPPで農業、金融・保険業界、医療業界が外資に相当な利
益を取られるなんて事も想定されたりして・・・うわ〜暗い想定で
す(ちょっと暗すぎかもですが )。

ここでちょっと視点を変えて、前向きな考え方もしてみます(苦笑)。

松下幸之助さんは、景気が良いのも良し、景気が悪いのも又良し、
とような言葉を残したと言われています。その意味は景気が悪い時
こそ足元の改善が進むという事ですが、まさに今、変わり目にある
という認識で見ると、変化にチャンスは付き物です。

一見して悪条件に見える条件の中に良い条件付けが出来るチャンス
を見出す事が非常に難しいですが、大事な事は論を待たないかと思
われます。その為の方向性で、仮説を立てて見るとしますと、私の
個人的な意見で恐縮ですが

2つの方向性、
1.品質向上
2.イノベーション
の両立が求められていると感じています。

またまた、当たり前だよ、それが難しいと言われちゃいそうですが、
そのとおりで御座います(笑)。ちなみにイノベーションの定義に
ついては、下記の定義が出ていました。

イノベーション(innovation)とは、物事の「新結合」「新機軸」
「新しい切り口」「新しい捉え方」「新しい活用法」(を創造する
行為)のこと。一般には新しい技術の発明と誤解されているが、そ
れだけでなく新しいアイデアから社会的意義のある新たな価値を創
造し、社会的に大きな変化を齎す自発的な人・組織・社会の幅広い
変革を意味する。つまり、それまでのモノ・仕組みなどに対して全
く新しい技術や考え方を取り入れて新たな価値を生み出して社会的
に大きな変化を起こすことを指す。

イノベーションと言っても、iPhoneでもよく言われますが、既にあ
った技術でハードを組み合わせて、更にアプリを格安で製作・販売
できるitunes(AppStore)のソフトの半永続的供給インフラを更に
組み合わせて出来た物です。

この視点とやり切るリーダーシップがジョブズさんが、ものすごく
素晴らしい所と思います。(※実はiPhoneの部品の大半は日本製と
いう事も言われてましたね)

上記の2つの逆に近い方向性を言いますと、
1.模倣
2.コスト
になりますでしょうか。

単純に模倣とコストが悪い、という事では有りません。これは非常
に大事な事で有ります。これを実現する為の製造物流などの工夫や
改善は沢山含まれていると思いますので、これはこれで非常に大事
なのですが、相対的に少子高齢化の日本においては、品質とイノベ
ーションを両立する事が益々大事になってくると思われます。

日本は、伝統的に模倣してコストを下げる改善活動が非常に上手く、
真似するだけでなくそこに付加価値を付けて取り込んでしまう事も
上手いのですが、コスト競争力は、アジアなどの人件費を考えると
どうしても勝ちにくい条件になっていますので、如何に、伝統的な
模倣とコストを下げる改善の良さを残しつつ、今までも、世界でも
最高水準の品質に苦手なイノベーションを強化する事が大事ではな
いか、と思う今日この頃です。

最後にもう、40年も前にイノベーションの企業にとっての大事さ
をドラッカー氏が述べておられます。

『そして企業こそ、この成長と変化のための機関である。したがっ
て、企業の第二の機能はイノベーション、すなわち 新しい満足を
生み出す事。よりよく、より経済的な財とサービスを供給しなけれ
ばならない。企業そのものはより大きくなる必要はないが常により
よくならなければならない。イノベーションとは、科学や技術その
ものではなく、価値である。組織の中ではなく組織の外にももたら
す変化である。イノベーションの尺度は外の世界への影響であるイ
ノベーション戦略の指針はより新しく、より違ったものでなくては
ならない。』

ドラッカー氏は、本当に深いですね。もしドラで泣いてしまった私
はその時少し恥ずかしかったですが、意外にも聞いてみると他の方
にも居てました(笑)。特にマネージャーの資質について『人を管理
する能力は議長役や面接の能力を学ぶことは出来る。管理体制、昇
進制度、報奨制度を通じて人材開発に有効な方策を講ずる事も出来
る。だがそれだけでは十分ではない。根本的な資質が必要である。
(才能ではない)真摯さである。』

この視点〜人間をしっかり見ている所に感銘したりしました。ドラ
ッカー氏は、イノベーションに最終的には人のマネジメントや知識
労働の向上が大事と言われているのでは無いかと感じる次第です。

ちなみに営業的でちょっとやらしいですが(苦笑)、是非、弊社もド
ラッカーの専門のコンサルタントで非常にお勧めの先生や知識労働
の重要なスキルであります、マネジメント、リーダーシップ、ロジ
カルシンキング、プロジェクトマネジメント、組織改善などのお勧
めの先生が居られますので是非、一声おかけください。
(※本当にお薦めです )

微力では有りますが、中小企業の発展に、弊社も役立てるように頑
張って参りたいと思っていますので、又今後とも何卒宜しくお願い
申し上げます。


《バックナンバー情報:関西のコンサルタント業界事情》
http://www.keieido.net/osaka-agent.html

=============================================================
《担当エージェントプロフィール》
廣川 智彦(ひろかわ ともひこ)
株式会社コンサルジェント 取締役/西日本営業部門責任者 

1968年大阪府生まれ。立命館大学卒。マツダ株式会社を経て、
コンサルジェントに勤務。趣味はアメフト観戦。営業は腰の低さが
命!と言いながら、意外とマイペースなタイプです。モットーは
『闇夜に人の前に灯火を点せば、我が前も明るき』という?かなり
爺くさいかも。口癖は、「まことに恐縮でございます」。


《経営コンサルタント紹介します!》当社のスタッフブログ
http://ameblo.jp/consulgent/
http://www.consulgent.co.jp/#blog
http://blog.livedoor.jp/consulgent/
http://www.5man.jp/cat123/

《バックナンバー情報:『コンサルタント紹介します!』》

《バックナンバー情報:『コンサルタントを導入した企業の声』》

=============================================================
☆☆「経営堂」サイト/5月新着コンサルタント紹介!☆☆

http://www.keieido.net/cons-new.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
株式会社ダブルアクシスアンドコー/渡辺 博司氏

『英国チームと連携で海外進出を目指す中小企業のブランド戦略強化』

=============================================================
☆☆今週のおすすめビジネス書☆☆

『住宅営業の教科書』

著者:加藤 正彦  出版社:建築技術  価格:¥1,575

1970年〜1980年当時、住宅営業は、売り手市場でお客様に
対して説得して契約を頂いたものでした。時代は変わりました。今
や住宅業界は完全な買い手市場です。私たちはお客様に対して十分
納得し満足して頂くよう折衝を心がけています。近年予想される、
70万戸時代を間近にして、今後はもっと私たちの営業活動も変わ
っていくに違いありません。
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4767701368/consulgent-22/ref=nosim

加藤正彦氏プロフィール

=============================================================
☆☆今週のおすすめDVD☆☆

『規制に負けない!インターネット広告表現(DVD)』

出演:中野 啓子  出版社:ビューティラボ  価格:¥9,800

インターネット広告は従来の媒体と異なる点が多い為、特別なもの
として考える必要があります。薬事法や景品表示法に触れず、いか
に消費者の心に響くアピール方法ができるかを解説します。
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/B00B8XTYF0/consulgent-22/ref=nosim

中野啓子氏プロフィール

∽∽‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥∽∽
◆◇ 発行元:経営コンサルタントの購買代理エージェント ◆◇
〜御社の課題に最適な経営コンサルタントを無料でご紹介します!
《株式会社コンサルジェント》 http://www.consulgent.co.jp
◆経営コンサルタント探しの『経営堂』 http://www.keieido.net
◇研修・セミナー講師探しの『研修堂』http://www.kenshudo.net
◆『スタッフブログ』http://ameblo.jp/consulgent/
〒106-0044 東京都港区東麻布2−6−5タトルビル1F
〒541-0054 大阪市中央区南本町2−1−1本町サザンビル8F
★ご意見・お問合せは: http://www.keieido.net/inquiry.html
※本メールマガジンの著作権は発行者・執筆者に帰属し、無断転載
することを禁止します。※同僚・知人へのご紹介・転送歓迎します
∽∽‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥∽∽
このマガジンは[まぐまぐ] http://www.mag2.com/を利用して発行
しています。配信停止は http://www.mag2.com/m/0000085773.html
∽∽‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥∽∽


このメールマガジンについて

ベンチャー・中小企業の経営者に役立つ実務ノウハウをお届けします!経営コンサルタント100人の連載コラム、経営コンサルティング導入事例、ビジネスセミナーなど経営のヒントになる情報満載。まぐまぐ殿堂入り定番ビジネスメルマガ!毎週水曜日発行です。最新号

※「経営革新!」は、まぐまぐ殿堂入りマガジン(創刊2年以上・読者数3000人以上)に選ばれました!

メールマガジンの登録(無料)

ご登録は下のフォームから簡単にできます↓

powered by まぐまぐトップページへ

<PR>