メールマガジン

トップページ > メールマガジン > バックナンバー > 632号

経営革新!−100人のコンサルが語る事業成功の秘訣

 

∽∽‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥∽∽
◆◇◆◇                          
◇◆◇ 経営革新!100人のコンサルが語る事業成功の秘訣 ◇
◆◇             第632号【13/10/09】  ◇◆
◇                          ◇◆◇
                          ◇◆◇◆
∽∽‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥∽∽
《PR》
   『日本人の知らなかったフリーエージェント起業術』

国税庁の統計情報(2010年発表)によると、設立5年以内に倒産す
る会社が85%、設立10年以内に倒産する会社が93.7%。30年以上続
く会社は1万社に2.5社しかありません…。

世界10カ国で出版されたベストセラーが遂に日本上陸!コンサルタ
ント、歯科医、FP、士業、整体師、セラピストほか27以上の業種で
93%が1年以内に成功!「一生、お客に困らない!日本人の知らなか
ったフリーエージェント起業術」マイケル・ポート著。3,990円

詳細は⇒http://123direct.info/tracking/af/835630/Du1Heq3S/

=============================================================

《今日のCONTENTS》

1.『今、製造業に求められるIT化と人財育成』高安篤史

2.今週のおすすめセミナー(10/19東京)
『ゼロから始める小さな会社・個人事業主のための広報講座』

3.今週のおすすめ手帳
『中村天風 成功手帳 2014年度版』

4.編集後記

=============================================================

『今、製造業に求められるIT化と人財育成』 高安篤史

 はじめまして。合同会社コンサランスの高安と申します。
中小企業診断士をしております。

 今回、メルマガ執筆のお話をいただきましたが、10月25日に
『今、製造業に求められるIT化と人財育成』というテーマで講演
をすることになっており、その内容の一部をメルマガとしてお話す
ることにしました。

 私自身、製造業との関わりは深く、20年以上に渡りメーカーに勤
務していたこと、また、大学の卒業論文も数ヶ月にわたる青梅市に
ある工場の支援をもとにしたものでした。また、現在でも日本の強
さの源泉は製造業という考えのもと、日々コンサルティングを実施
しております。

 先ほど書いた大学の卒業論文のテーマになった数ヶ月にわたる青
梅市にある工場の支援は、業務プロセス改善を基にし、パソコンな
どの導入を行いました。それから、25年以上経過しましたが、私
が論文で書いた生産管理の本質的な部分は大きくは変わっていませ
ん。しかしながら、ITに関する進歩は著しいものがあります。

 では、実際にIT化を実施し、効果を上げている製造業はどれく
らいあるでしょうか? トータルで見ると、大企業を中心にIT基
盤が無いと生産が成り立たないほど効果は大きいと思われます。中
堅企業は、成功例も多いですがIT化の失敗例も多く聞こえてきま
す。一方、中小企業では、IT化は限定的で、特に生産システムに
関してはIT化が出来ていない場合が多くなっています。

 製造業に限らず、IT化の成否が、企業を勝ち組/負け組に分け
ていると言っても過言では無い状況です。特に製造業は、多品種少
量生産、短納期要求、原価低減の必要性、グローバル化などの環境
変化の中で、IT化はこれらの環境変化に対応する手段と位置づけ
られます。しかしながら、中小企業を中心に製造業でのIT化は非
常に難しいといわれ、なかなかIT化が進まないのが現実です。
“では、それはなぜでしょう?”

いくつか理由がありますが、典型的な例は下記になると思われます。

・ITツールの導入自体が目的化し、業務効率改善が伴っていない。
・日本の生産現場はQC活動を始め現場主体で動いてきたが、トップ
ダウンツールのERP(Enterprise Resource Planning )などを導入
し、現場の反発をまねいている。
・中小企業では、ITに関する知識が少なく、ITツールメーカー
やITパッケージ導入コンサルタントなどの話を鵜呑みにし、過剰
な投資コスト/保守コストが必要になっている。

 上記の様な失敗例も多い中で、私が中小企業にアドバイスするこ
とは、“業務改善を考えて、まずは、簡単なITツールの導入から
始めてみてください。”とお話します。

中小企業においては、大手企業と異なり、情報システム部門などの
専門部署は無く、中堅企業のようなITの担当者もいない状況が多
いです。その中で、コンサルタントなどの話を鵜呑みにせず、自分
達にあったITツールを導入する必要があります。ひとつの方法と
して、リスクを最小限にするためフリーのツールや期間限定サンプ
ルなどを使用することで、経験をもとにツールメーカーやコンサル
タントと話をすることができます。

これらにより、ITスキルが向上し、いわゆるIT人財と言われる
担当者が育っていきます。もう少し具体的なお話をすると、中小の
製造業でIT化が進んでいない場合は、情報共有などのためのWeb
ストレージ(Dropboxなど)、グループウェア(サイボウズLiveな
ど)、工程管理ツール(エクセルツールなど)のフリーツールの導
入を検討することです。

 コストの面で、もうひとつお話することがあります。過剰な投資
コスト/保守コストでの失敗という話をしましたが、ツールのクラ
ウド化により、初期投資が下がってきています。もうひとつ忘れて
はならないのは、ITツールはソフトウェアである場合が多いこと
です。パソコンを始め、設備においては物理的な値段がありますが、
ソフトウェアについては、値段はあってないようなものです。

ソフトウェアは開発費はかかりますが、一旦出来上がるとそのあと
はコピー(ダウンロード)さえすれば使用可能となります。ITツ
ールメーカーは、開発費を回収するまでは同一価格とする場合が多
いですが、回収した後は機能を一部制限するなどの大儀名文で価格
を大幅に下げてくる場合も多いです。

例えば、大手企業向けのITツールを中堅企業に広げる際の戦略で、
同一価格では売れない場合などです。このように、交渉次第でソフ
トウェアの価格というのは柔軟に変化するものです。また、コスト
を大部分を占めることがある自社の業務に合せたカスタマイズ(ア
ドオン)などは、その変更工数が妥当か判断できないまま、契約を
結ぶこともあると思われます。私は、長年システム開発に携わって
きましたが、ソフトウェア開発の工数ほど怪しいものはありません。

 私は、抜本的な業務改善を行うためのフレームワークとして、シ
ックスシグマを使用したコンサルティングを実施することがありま
す。このシックスシグマでは抜本的な改善のため、組織改革や人財
育成を実施することが大きな特徴になっています。特に製造業では、
現場の担当者が改革意識を持つことが重要になり、これらを実現す
る手段としてITツールの導入を考える必要があります。

 当メルマガの最初で、"10月25日に講演をすることになっており、
その内容の一部をメルマガとしてお話することにした"と記載しま
したが、製造業のIT化のノウハウの全ては記載しきれません。

また、企業毎に異なる事情があり、そのためIT戦略も変わってき
ます。究極は、IT化しないというIT戦略もあります。このよう
に、一方的なコンサルタントの成功体験や業務事情によるIT化で
失敗することなく、自社にあったIT戦略を考えていただきたいと
思います。

 以上、少しでも皆様の参考になれば幸いです。

=============================================================
《今週のコンサルタント》

高安篤史
合同会社コンサランス 代表

「経営プロジェクトマネジメント、シックスシグマで経営改革」

 早稲田大学理工学部卒業後、大手電機メーカーで20年以上に渡っ
て組込みソフトウェア開発に携わり、プロジェクトマネージャ/ファ
ームウェア開発部長を歴任する。DFSS(Design for Six Sigma:シ
ックスシグマ設計)に代表される信頼性管理技術やプロジェクトマ
ネジメントに関するコンサルタントとしての実績 及び 自身の経
験から「真に現場で活躍できる人材」の育成に大きなこだわりを持ち、
その実践的な手法は各方面より高い評価を得ている。

 IPA(情報処理推進機構)SEC Journal掲載論文(2011年6月30日発
行25号:DFSSによる組込みソフトウェアの品質改善IPA SEC journal
25号)を始め、執筆論文も多数あり。近年は、企業向けの事業計画
書作成支援や創業支援にも注力している。

・中小企業診断士(経済産業大臣登録):神奈川県中小企業診断協
会所属
・情報処理技術者(プロジェクトマネージャ、応用情報技術者)
・情報処理推進機構(IPA) ソフトウェア高信頼化センター(SEC)
連携委員

《経営堂・詳細プロフィールはこちら》

《私のお勧めビジネス書》

『SEからのステップアップITコンサルの仕事術』
佐川博樹著 (秀和システム)

 元々はITコンサルタント向けに書かれた書籍ではありますが、
企業の方がITコンサルタントとつきあう上で、ITコンサルを知る
必要な内容が書かれています。コンサルを受ける前に一読お勧めです。

http://p.tl/7Idk

=============================================================

《今週のコンサルタント・インタビュー》

●コンサルタントになったきっかけはなんですか?

 やはり、私の経験を活かして企業のお役に立ちたいと思ったからで
すが、直接のきっかけはメーカー勤務時代にコンサルタントの支援を
受けたことが大きいです。

●コンサルタントとして一番心掛けていることはなんですか?

 必ず、現場目線で状況、課題を把握するようにしています。経営者
やマネージャのインタビュー結果と現場の実態の隔たりが大きいこと
は良くあります。ここの隔たりを前提にしないと判断を間違うことに
なります。

●コンサルタントを活用する企業にアドバイスを!

 コンサルタント利用の目的を明確にしていただくのが良いと思いま
す。その上で、適任のコンサルタントを選んでいただく必要がありま
す。コンサルタントから全てを搾り取るくらいの勢いを持って活用し
てください。

●PRなど

 2013年10月24日〜26日にかけて、ひらつかサン・ライフ
アリーナで開催される湘南ひらつかテクノフェアにて、高安篤史が講
演致します。
http://www.shokonet.or.jp/hiratuka/techno/index.html

 出展者としては、高安篤史が所属する中小企業診断士グループであ
る“湘南診断士ネット”であり、そちらからの講演となります。以下、
概要です。

講演テーマ:今、製造業に求められるIT化と人財育成
講演時間:10月25日(金)13:30−14:20
講演場所:ひらつかサン・ライフアリーナ  会場A
受講料:無料(テクノフェアへの事前登録要)
講演要旨:製造業のIT化の成否が、企業を勝ち組/負け組に分けて
いると言っても過言では無い状況です。しかしながら、中小企業のI
T化は失敗事例も多く、その投資が無駄になることも少なくありませ
ん。本セミナーでは、製造業の適切なIT化のノウハウとそのための
人財育成について、わかりやすく解説致します。

http://www.shokonet.or.jp/hiratuka/techno/schedule.html

=============================================================
☆☆今週のおすすめセミナー☆☆

経営者スキルアップ講座〜無料でマスコミに紹介される広報術〜
『ゼロから始める小さな会社・個人事業主のための広報講座』

商品やサービスの知名度を上げて売上げを伸ばしたい。そのために、
Webやチラシ、雑誌広告などにも費用をかけたい。けれど、その資
金的余裕も専任担当者を置くだけの人的余裕もないのが、多くの中
小企業経営者、個人事業主の悩みではないでしょうか。

たとえ高い広告費を払ったとしても、広告費以上の売上を上げるの
も難しいのが現状です。そこで、広告費用もかけず、専任担当者を
置かず、経営者や個人事業主が「ゼロから自分ででき、無料でマス
コミに紹介される広報術」を伝授します。

<内容>
広報(PR)と 広告の差って何?
広報の種類(事例10種)
広報活動のプロセスと必要な販促物
取材されるために必要な要素
毎月取材掲載される究極の秘訣
ユーザーの心に残る効果
WEB時代のマーケティング
効果の測り方・・・ほか

【日 時】2013年10月19日(土)9:30〜17:00
【場 所】女性就業支援センター(JR田町駅から徒歩3分)
【受講料】一般:10000円
【主 催】起業支援ネットワークNICe http://www.nice.or.jp/
【詳 細】https://www.facebook.com/events/1387056111524217/

◆講師:中野啓子氏(株式会社ビューティーラボ代表)

=============================================================
☆☆今週のおすすめ手帳☆☆

   〜中村天風「成功手帳」2014年度版〜

中村天風 珠玉の名言名句をいつも持ち歩ける手帳に収録。
個人はじめ社用・贈答…に、年々、ご利用が増え続ける絶賛のダイ
アリー、2014年版!

新たに厳選した、天風師の珠玉の成功至言を各ページに掲載。
365日、感動の教えに触れながら力強く、明るく充実した日々をみ
ずから築く。 ご自身はもちろん、社用、贈答…に、ご愛用者が増
えつづけるロングセラー手帳です。

心から喜ばれる手帳として自信をもってご活用をお薦めします。

◎特別割引価格 ⇒ https://secure.jmca.jp/sale/1089?&id=106

=============================================================
《編集後記》
中小製造業のIT化はもう10年以上前から強調されてきたテーマだと
思いますが、中長期的な企業力強化を考えますと社内でITに強い人
材を育成していくことが重要だと考えています。高安さんのような
コンサルタントを導入して、当面の課題の解決と社内の人材育成を
両面から進めていくことをお勧めしたいです。(発行者:ひがさ)

∽∽‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥∽∽
◆◇ 発行元:経営コンサルタントの購買代理エージェント ◆◇
〜御社の課題に最適な経営コンサルタントを無料でご紹介します!
《株式会社コンサルジェント》 http://www.consulgent.co.jp
◆経営コンサルタント探しの『経営堂』 http://www.keieido.net
◇研修・セミナー講師探しの『研修堂』http://www.kenshudo.net
◆『スタッフブログ』http://ameblo.jp/consulgent/
〒106-0044 東京都港区東麻布2−6−5タトルビル1F
〒541-0054 大阪市中央区南本町2−1−1本町サザンビル8F
★ご意見・お問合せは: http://www.keieido.net/inquiry.html
※本メールマガジンの著作権は発行者・執筆者に帰属し、無断転載
することを禁止します。※同僚・知人へのご紹介・転送歓迎します
∽∽‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥∽∽
このマガジンは[まぐまぐ] http://www.mag2.com/を利用して発行
しています。配信停止は http://www.mag2.com/m/0000085773.html
∽∽‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥∽∽


このメールマガジンについて

ベンチャー・中小企業の経営者に役立つ実務ノウハウをお届けします!経営コンサルタント100人の連載コラム、経営コンサルティング導入事例、ビジネスセミナーなど経営のヒントになる情報満載。まぐまぐ殿堂入り定番ビジネスメルマガ!毎週水曜日発行です。最新号

※「経営革新!」は、まぐまぐ殿堂入りマガジン(創刊2年以上・読者数3000人以上)に選ばれました!

メールマガジンの登録(無料)

ご登録は下のフォームから簡単にできます↓

powered by まぐまぐトップページへ

<PR>