メールマガジン

トップページ > メールマガジン > バックナンバー > 633号

経営革新!−100人のコンサルが語る事業成功の秘訣

 

∽∽‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥∽∽
◆◇◆◇                          
◇◆◇ 経営革新!100人のコンサルが語る事業成功の秘訣 ◇
◆◇             第633号【13/10/30】  ◇◆
◇                          ◇◆◇
                          ◇◆◇◆
∽∽‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥∽∽
《PR》
      〜中村天風「成功手帳」2014年度版〜

中村天風 珠玉の名言名句をいつも持ち歩ける手帳に収録。個人はじめ社用・
贈答に、年々、ご利用が増え続ける絶賛のダイアリー、2014年版!

新たに厳選した、天風師の珠玉の成功至言を各ページに掲載。365日、感動の
教えに触れながら力強く、明るく充実した日々をみずから築く。 ご自身はも
ちろん、社用、贈答…に、ご愛用者が増えつづけるロングセラー手帳です。

心から喜ばれる手帳として自信をもってご活用をお薦めします。

◎特別割引価格 ⇒ https://secure.jmca.jp/sale/1089?&id=106

======================================================================

《今日のCONTENTS》

1.『最強の組織にする為に』岡部 一己

2.「経営堂」サイト/10月度・新着コンサルタント紹介!

3.今週のおすすめ情報
『ソニーをダメにした「普通」という病』Amazon kindleストア1位記念!
横田宏信・出張講演のご案内

4. 今週のおすすめ講演CD
『新事業の異才・坂本 孝《飲食ビジネス革命》』

5.編集後記

======================================================================

『最強の組織にする為に』 岡部 一己

良いレストランにする時、リーダーのトップダウンだけでは、駄目な気がして
います。

リーダーが指示してやらせるだけでは、ある程度までは行けると思いますが、
もっと上を目指すには、【ティーチ】するのでは無く、【コーチ】する必要が
あります。

【ティーチ】はそのままズバリ「教える」という意味です。
【コーチ】は馬車から来ているそうで、相手を行きたいところに連れて行くと
いう意味です。

野球に例えると「バットはこう振りなさい。投げ方はこうしなさい。」という
のは、【ティーチ】です。

それでは、【コーチ】とはどうでしょうか?

【コーチ】とは「あなたはどんなボールを打ちたいの?そしたらバットはどう
振るの?」というものです。かなりの違いですね。

【ティーチ】はこっちに答えがあって、その答えに辿り着けるように「ああし
なさい、こうしなさい。」と命令してやらせます。

【コーチ】は本人に考えさせ、判断させて行動に移させます。本人主導です。
ですが、最初から【コーチ】では無理だと思います。ある程度のレベルに達す
るまでは【ティーチ】が必要です。ですが、基本的な事が出来るようになれば、
【コーチ】に切り替えます。

私の経験談をお話しすると、このフランス料理界にお世話になり5年目に初めて
部下が出来ました。フランス校帰りの調理師専門学校を卒業した女の子でした。
まさしく人生初の部下です。

初めて部下を使いながらサーヴィスをする事になりました。
最初は戸惑いました。どのように動かせば良いのかどのように、教えれば良い
のか全く分かりませんでした。でも教えて育てていかなければなりません。

新卒の女の子なので、何1つ知っている訳でもありません。
また、調理場希望で入って来ているので、サーヴィス自体に興味がありません。
さあ、どうしましょう?

僕は、考えました。まずはサーヴィスの楽しさ、面白さに気づいて貰おうと。
そして、僕の親しいお客様にまずはサーヴィスさせました。どんな風すると喜
んでくれると分かっているので、そのお客様が絶対に喜んでくれる事を彼女に
させるのです。

必ず喜んで頂けて「ありがとう」と言って頂けます。
お客様からの「笑顔」や「ありがとう」を頂ける幸せを感じと貰うのです。
まず、これから始めました。サーヴィスに興味を持って貰ってから色々教えて
いきました。

その後はサーヴィスの基本的な事を手取り足取り教えて行きます。最初は僕の
仕事の補佐です。僕がやって欲しい事を指示して彼女はその指示をキチンと熟
すのです。

ただリピーターのお客様がほとんどでしたので、僕はお客様とお話しをしなが
ら営業しなければならず、また忙しいレストランでしたので、中々言葉で指示
を出すことが難しい状況でした。そこでいつも彼女に言っていたのが

「いつも僕を見ていろ!なにか指示を出すから絶対にそれを見逃すな。」

「アイコンタクトで僕が何をしたいのか状況を考え判断しろ!」

「君が僕なら、何をして欲しい。その人になって考えろ!」

忙しくなると、会話が出来ないので目で会話するしかないので、それを徹底的
に伝えた。その事は言い換えると、今僕が何を考えているのか?何をして欲し
いのか?がわからなければ、お客様の気持ちなんて到底理解できるはずがあり
ません。それだけ大変な仕事ですが、逆にやりがいもある仕事です。

最初は僕に怒られ続けました。でも彼女は頑張り、彼女なりに考え、判断して
行動に移してきました。2年目からは、本当にアイコンタクトだけで営業が出
来るようなりました。

どんな時も「自分で考えろ、お客様が何をして欲しいのか?そして判断して、
サーヴィス(行動)しろ!」営業中は頭を使い仕事をしなければなりませんし、
瞬時の判断が求められます。

とにかく僕は最強の組織(良いレストラン)にする為に

「頭を使い仕事をする」とよく言います。

頭は使わないと劣化してくるし、死んだら頭は使わないので、
生きている内に使った方が絶対にお得ですからね。

「頭を使い仕事をする」

【1つ目】
今やっている仕事をしながら、次に何をしなければならないのか、その次はと
いう感じで、次の行動を組み立てる。2人で仕事をすれば、相手の行動を考え
ながら自分が行動をする。相手が次にどのように行動するかを考え、その先の
行動をする。

【2つ目】
仕事の優先順位を考えて進める。
何を一番にするのか、次には何をすべきか、考える。
言葉では簡単に言えるが、途中で、違う用件が入り、考えた順番通りにいかな
い。そこで、又優先順位を考える。営業中はこの繰り返しです。

【最後の1つ】
予測をする。
営業中は、全テーブルの予測をする事により、
目で見えない所を、この予測の元、頭の中でケアしている。
もうそろそろ、何かするタイミング(ワインを注いだり、お皿を下げたり等)
かな?と。1人で2フロワーのサーヴィスをやっていた時によく使いました。

そして、最強の組織であり続ける為に
【成功】とか【満足】は、僕の場合無い、というか思わないようにしている。
目標を決めてそれに向かってサーヴィスなり、仕事をしていく、それが達成出
来れば、又、新しい目標を定めて、それに向かって突き進む。だから【成功】
なんてありえない。目標の達成は、次の目標を達成するための通過点。

もっと、お客様に喜んで頂きたいし、笑顔になって頂きたい。現状に【満足し
ない】もっと新しい何かがあるはず。いつも前へ、上へ。【成功】【満足】は
歩みを止めてしまいます。【停滞】は【衰退】である。

僕は、「最強の組織」を作りたい、「強い組織」ではなく。その為には、スタ
ッフ個人個人が、いつも考え、判断し、行動するように【コーチ】していく。

「あなたがお客様の時やって欲しいサーヴィスは何?お客様は今何をして欲し
いの?考えろ、考えろ、そして判断して、自分が最良と思うサーヴィスをしよ
う。今日の最良のサーヴィスに満足せず、明日は今日よりもっと最良のサーヴ
ィスをしていこう。」

======================================================================
《今週のコンサルタント》

岡部一己
オーグードゥジュール グループ代表

「おもてなしのプロ」
フランス料理店を開業して11年。現在「ミシュランガイドブック」の星付きレス
トラン2店舖を含む東京(麹町、日本橋、三田、新丸ビル、代官山、羽田国際線
ターミナルビル、神楽坂)7店舗、博多(JR博多駅ビル)1店舗、合計8店舗の現
在予約の取りにくいフランス料理店の社長業をしながら毎日現場に立ち、最前線
でお客様に接客をしている、現場第一主義を貫く、「おもてなしのプロであるオ
ーナー ギャルソン」。自店で活躍しながら、外部の3法人(20店舗)のサーヴィ
スのコンサルティングや総合プロデュースを手掛ける。現場第一主義の社長だか
ら、現場と経営の両方が分かるコンサルティングが出来る。

《経営堂・詳細プロフィールはこちら》

《私のお勧めビジネス書》

『こうして僕は人気レストランのオーナーになった
―社長兼接客係の「徹底現場主義」仕事術 』岡部一己著 (角川マガジンズ)

予約必至の店を作り上げた「独自の経営哲学」。 経験に基づいた「独立&起業
のノウハウ」を一挙公開。

http://p.tl/tAP1

======================================================================

《今週のコンサルタント・インタビュー》

●コンサルタントになったきっかけはなんですか?

独立して10年の節目にあたり、今迄は、内部にむけてやって来たサーヴィスに
ついてのノウハウを外部に向けて発信していき、少しでもお役に立つ事が出来
ればと思ったのと、レストランに来て頂くお客様の笑顔だけでなく、僕のノウ
ハウを受け入れて頂いた方の笑顔をみたくて。

●コンサルタントとして一番心掛けていることはなんですか?

【ティーチ】でなく【コーチ】

●コンサルタントを活用する企業にアドバイスを!

とにかく、企業様がどんな風にしたいのか?なりたいのか?を言ってください。
企業様のイメージを具現化するのがコンサルタントの仕事です。

======================================================================

☆☆「経営堂」サイト/10月新着コンサルタント紹介!☆☆

http://www.keieido.net/cons-new.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

オフィス ケミストリーキューブ 平木 肇氏

『技術経営(MOT)及び研究開発マネジメントのプロフェッショナル』

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

コンサルティングオフィス服部 服部 直紀氏

『飲食店経営者の参謀的コンサルタントです』

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

株式会社アイピック 青井 宏安氏

『未来に向かって挑戦していく「経営革新」実践コンサルティング』

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

クレセール 林 充宏氏

『中小企業の経営参謀として、理念に沿った企業の躍進に寄与します!』

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

エフィジェント株式会社 赤秀 有為氏

『元PwCコンサル。破格の5万円/月で新規事業開発支援。』

======================================================================

☆☆今週のおすすめ情報☆☆

『ソニーをダメにした「普通」という病』Amazon kindleストア1位記念!
横田宏信・出張講演のご案内

慶應出身で実家がネジ工場、コンサル業界の半沢直樹こと、横田宏信の著書
『ソニーをダメにした「普通」という病』がAmazon Kindleストアでベストセラ
ー入りを果たし、総合1位(10月16日)になりました。

これを記念いたしまして、著書である横田宏信氏による講演を特別料金にて提供
させていただきますす。

テーマは、横田氏が最も得意とする「出る杭を育てる時代」、
企業はもちろん学校や各種団体にも横田氏が馳せ参じます!

講師:横田宏信(ソスピック株式会社 代表取締役)

【 講演実施要領  】

■テーマ:「出る杭を育てる時代」

■所要時間: 60分

■実施場所: 日本全国どこでもご指定の場所

 ※場所の確保と費用負担は、講演会の主催者様にお願いいたします。

■実施可能日: 金曜の夜(東京、神奈川、千葉、埼玉のみ)、土曜(全国)

■実施可能時間帯: 金曜の夜は19:00〜21:00、土曜は終日(詳細はご相談)

■講演料金: 学生向けは一律5万円(税込)、他は一律10万円(税込)

■その他:

  ・旅費(実費)負担は、講演会の主催者様にお願いいたします。
(実施場所が東京、神奈川、千葉、埼玉の場合はご負担無用です)

  ・この特別料金での講演は、期間限定での提供となります。

  ・講演会の開催自体が営利目的である場合には、対応いたしかねます。

  ・お問い合わせ、ご依頼、その後のやりとりは、電子メールに限らせて
いただきます。(お電話での対応はいたしかねます)

  ・詳しくは経営堂フォームからお問い合わせ、ご依頼をいただきましたら
http://www.keieido.net/inquiry.html
2営業日以内に弊社担当から電子メールにてお返事を差し上げます。

=======================================================================
☆☆今週のおすすめ講演CD☆☆

新事業の異才・坂本 孝《飲食ビジネス革命》 講演CD

「俺のフレンチ」「俺のイタリアン」が話題沸騰!有名シェフの絶品料理を、
お値打ち価格・立ち飲みスタイルで仕掛け連日大行列。ブックオフの創業者
坂本孝が仕掛ける競争優位の発想、利益率と行列の相関、率から額への経営、
料理人の採り方…。社長の着眼点、判断と実行など業界を問わず聞き学べる
必聴の講演録。

https://secure.jmca.jp/sale/1166?id=106

=======================================================================
《編集後記》
ミシュラン星を獲得したフレンチレストランを始め8店舗を経営する岡部さんが
コンサルタントとして本格的に活動されるということで、飲食業界の求人で有名
なキイストンの細見社長からご紹介戴きましたた。お会いすると、さすが一流の
サービスマン。すごい実績を上げていらっしゃるのに、まったく偉ぶるところの
ない誠実なタイプの方でした。飲食店はもちろん、店舗サービス全般の企業様に
お勧めしたいコンサルタントです。やはり飲食店オーナーとしての経験値と実績
がずば抜けていると思います(発行者:ひがさ)


∽∽‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥∽∽
◆◇ 発行元:経営コンサルタントの購買代理エージェント ◆◇
〜御社の課題に最適な経営コンサルタントを無料でご紹介します!
《株式会社コンサルジェント》 http://www.consulgent.co.jp
◆経営コンサルタント探しの『経営堂』 http://www.keieido.net
◇研修・セミナー講師探しの『研修堂』http://www.kenshudo.net
◆『スタッフブログ』http://ameblo.jp/consulgent/
〒106-0044 東京都港区東麻布2−6−5タトルビル1F
〒541-0054 大阪市中央区南本町2−1−1本町サザンビル8F
★ご意見・お問合せは: http://www.keieido.net/inquiry.html
※本メールマガジンの著作権は発行者・執筆者に帰属し、無断転載
することを禁止します。※同僚・知人へのご紹介・転送歓迎します
∽∽‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥∽∽
このマガジンは[まぐまぐ] http://www.mag2.com/を利用して発行
しています。配信停止は http://www.mag2.com/m/0000085773.html
∽∽‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥∽∽


このメールマガジンについて

ベンチャー・中小企業の経営者に役立つ実務ノウハウをお届けします!経営コンサルタント100人の連載コラム、経営コンサルティング導入事例、ビジネスセミナーなど経営のヒントになる情報満載。まぐまぐ殿堂入り定番ビジネスメルマガ!毎週水曜日発行です。最新号

※「経営革新!」は、まぐまぐ殿堂入りマガジン(創刊2年以上・読者数3000人以上)に選ばれました!

メールマガジンの登録(無料)

ご登録は下のフォームから簡単にできます↓

powered by まぐまぐトップページへ

<PR>